フォトコンテスト

グランプリになると個展が開催できる「国際コロタイプ写真コンペティション HARIBAN AWARD 2019」

19世紀に発明された写真印画技法「コロタイプ」を継承する便利堂(京都)は、「国際コロタイプ写真コンペティション HARIBAN AWARD 2019」を開催する。コロタイプとは、写真草創期に多彩に存在した古典印画(オルタナティブ・プリント)の技法のひとつ。コンペティションでは、写真クリエイターからのフィルム、デジタル作品をテーマを設けずに募集。グランプリ受賞者には、京都に滞在して便利堂の職人と一緒にコロタイプの技法を使った作品を制作する機会が進呈されるほか、次年度春に京都市内での個展も開催される。

 

国際コロタイプ写真コンペティション HARIBAN AWARD 2019

テーマ
不問。

募集期間
2019年4月12日~6月30日23:59


●グランプリ(1名)2週間の京都滞在(交通費と宿泊費を含む) 、便利堂コロタイプ工房でのコロタイププリントの制作(8イメージ) と作品の謹呈、次年度春の京都市内での個展(個展の開催費用を含む) 、公式カタログ(和綴じ、コロタイプ印刷)10冊謹呈、他
●審査員賞(4名)カタログ(作品集)
●工房特別賞(1名)
●入選(数名)

応募資格
プロ・アマチュア不問。

応募形態
●画像サイズ長辺1500ピクセル、解像度72dpi、カラースペース(色空間)グレースケールまたはRGBのJPEGデータに限る。
●組写真に限り、1組12枚を1作品とする。
●モノクロに限る。
●撮影はフィルム、デジタルいずれも可。

応募規定
1人1作品まで応募可。

応募方法
オフィシャルサイトの応募フォームに必要事項を入力のうえ、作品データを送信する。

応募料
5,000円。申し込み時にオンライン上で支払う。

審査員
石井孝之(タカイシイギャラリー オーナー)、 姫野希美(赤々舎代表取締役)、Mirjam Kooiman(FOAMキュレーター) 、他1名

発表
2019年8月末に発表。

備考
グランプリ受賞者は、主催者の費用で2018年9月中旬~10月初旬の2週間京都に滞在し、便利堂のコロタイプ工房にて8点の作品を制作できる。制作したコロタイププリントは、2019年4月から京都市内で展示される。

主催
便利堂コロタイプ工房

URL
http://benrido-collotype.today/collotype-competition-jp/
 

 


※ここに掲載しているフォトコンテストにおいて特に記載のない限り、応募作品は応募者本人が著作権を有するもの、または権利者から事前に使用承諾を得たものとします。被写体に人物が含まれている場合は、事前に承諾を得るなど、肖像権の侵害等が生じないよう応募者本人の責任において確認してください。

 

 

フォトコンテストの掲載をご希望される方は、こちらからお送りください。