フォトコンテスト

入賞作品はパリのギャラリーで展示!グランプリには航空券も「芦屋写真展2019」

一般社団法人芦屋写真協会は「芦屋写真展2019」を開催する。神戸市・原田の森ギャラリーで展示する作品を公募。上位入賞作品には、パリ14区のギャラリーに展示できる権利も進呈することにより、日本の写真愛好家の海外への登竜門となることを目指す。

 

〈公募展〉芦屋写真展2019

部門・テーマ
<A 風景> 自然、動植物、建築
<B スナップ> 街、人、生活、交通
<C 人物> ポートレート、スタジオ写真
<D 創作> アート、テーブルフォト、CG、その他

募集期間
2019年3月1日(金)~29日(金)


●グランンプリ(1点)関西国際空港〜パリ往復航空券、メダル、賞状
●準グランプリ(2点)メダル、賞状
●優秀賞(3点)メダル、賞状
●テーマ別審査員賞(4点)メダル、賞状
●佳作(10点)リボン、賞状
※上記20点には、パリ14区のギャラリー「Galerie Daguerre」に展示できる権利も提供。

応募資格
●プロ・アマチュア不問。
●年齢、国籍不問。

応募形態
●展示作品サイズ(額装などを含む)が80cm未満の場合は、六つ切またはA4。80cm以上の場合は、半切またはA3のプリントに限る。
●カラー、モノクロいずれも可。
●組写真は、全て1枚のプリントの中にレイアウトする。

応募規定
●1人何点でも応募可。
●他の写真展で入賞・入選した作品は応募不可。
●応募作品の返却可(要返送料)。

応募方法
必要事項を明記した応募票を1点につき1枚貼付し、出品申込書を添付のうえ下記応募先へ送付する。応募票・出品申込書はダウンロードして使用。コピー可。

応募料
作品の受付料として2,000円、1次審査料として1点につき1,000円を郵便振替で別途送金する。

審査員
綾智佳(The Third Gallery Ayaオーナーディレクター)、織作峰子(写真家)、徳永好恵(美術家)、西宮正明(写真家)、Frédéric ANTERION(パリ写真クラブPPVB会員)

審査方法
応募プリントによる1次審査を通過した全作品を原田の森ギャラリーに展示。2次審査では展示作品の中から入賞作品を決定する。

発表
2019年4月下旬に応募者全員へ1次審査の結果を直接通知するほか、オフィシャルサイトで発表。

会期・会場
2019年6月5日(水)~9日(日)
原田の森ギャラリー(兵庫県立美術館王子分館)
兵庫県神戸市灘区原田通3-8-30

備考
●1次審査通過者は展示料が別途必要。展示サイズ(額装含む)外寸が長辺80cm未満の作品は1点5,000円(学生は2,500円)、80cm以上の作品は10,000円(学生は5,000円)。
●受賞作品は写真展終了後、オフィシャルサイトで公開。
●Galerie Daguerreへの作品の送料は芦屋写真協会が負担。

主催
一般社団法人 芦屋写真協会

応募先・問い合わせ
〒659-0071 芦屋市前田町3-6
株式会社ハナヤ勘兵衛内 一般社団法人 芦屋写真協会事務局
FAX 0797-23-1701

URL
http://ashiyaphoto.jp
 

 


※ここに掲載しているフォトコンテストにおいて特に記載のない限り、応募作品は応募者本人が著作権を有するもの、または権利者から事前に使用承諾を得たものとします。被写体に人物が含まれている場合は、事前に承諾を得るなど、肖像権の侵害等が生じないよう応募者本人の責任において確認してください。

 

 

フォトコンテストの掲載をご希望される方は、こちらからお送りください。