フォトコンテスト

第19回 鉄道のある風景写真コンテスト

10月14日の「鉄道の日」を記念して、「鉄道の日」実行委員会と鉄道・運輸機構が毎年開催しているフォトコンテスト。日本の豊かな四季と共にある鉄道の風景写真を募集する。優秀作品は駅などで展示するほか、カレンダーにも採用予定。

テーマ
日本の四季折々の「鉄道のある風景」を題材とした作品。

撮影場所
日本国内

募集締切
2018年8月31日(金)必着


●グランプリ[国土交通大臣賞](1点)賞状、トロフィー、副賞、記念品
●四季賞[春賞](1点)賞状、副賞、記念品
●四季賞[夏賞](1点)賞状、副賞、記念品
●四季賞[秋賞](1点)賞状、副賞、記念品
●四季賞[冬賞](1点)賞状、副賞、記念品
●都市を支える鉄道のある風景賞(仮称)(1点)、賞状、記念品
●ジュニア賞(1点)賞状、記念品
●入選(数点)賞状、記念品
※四季賞の中から、鉄道の日実行委員会会長賞2点、鉄道・運輸機構理事長賞1点、国土交通省鉄道局長賞1点を選出。
※都市を支える鉄道のある風景賞は、鉄道と都市の風景の魅力が伝わる作品を選出。
※ジュニア賞は18歳以下が対象。

応募資格
アマチュアに限る。

応募形態
●六つ切(ワイド可)またはA4サイズのカラープリントに限る。
●組写真不可。
●画像の合成不可。
●額装不要。

応募規定
●1人4点まで応募可。
●おおむね3年以内に応募者本人が撮影し、一切の著作権を有する未発表作品に限る。ただし、応募者本人の制作による市販目的のない写真集や本人のWebサイトに掲載した作品、審査のない写真展に出品した作品は応募可。
●類似作品を含む他コンテストとの二重応募不可。
●応募作品の返却不可。
●鉄道用地・私有地への無断の立ち入りや違法駐車、ゴミの投棄など近隣住民への迷惑行為および危険行為のうえ撮影したと思われる作品は審査対象外とする。

応募方法
必要事項を明記した作品情報票と応募票を添付のうえ、下記応募先へ送付する。作品情報票と応募票はオフィシャルサイトからダウンロードして使用。自作可。

審査員
猪井貴志(写真家)、竹内健蔵(東京女子大学教授)、中村直美(株式会社交通新聞社 取締役第2出版事業部長)、国土交通省鉄道局長、独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備 支援機構理事長

発表
入賞者へ直接通知するほか、2018年10月上旬ごろにオフィシャルサイトで発表。

備考
入賞作品は各地で展示するほか、作品集へ掲載。一部の作品は鉄道・運輸機構のカレンダーなどに採用予定。

主催
「鉄道の日」実行委員会、独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構

応募先・問い合わせ
〒231-8315 神奈川県横浜市中区本町6-50-1 横浜アイランドタワー20階
鉄道・運輸機構 鉄道助成部内 写真コンテスト係
TEL 045-222-9122

URL
http://www.jrtt.go.jp/01Organization/publicity/publicity-contest.html

 

※ここに掲載しているフォトコンテストにおいて特に記載のない限り、応募作品は応募者本人が著作権を有するもの、または権利者から事前に使用承諾を得たものとします。被写体に人物が含まれている場合は、事前に承諾を得るなど、肖像権の侵害等が生じないよう応募者本人の責任において確認してください。

 

フォトコンテストの掲載をご希望される方は、こちらからお送りください。