撮影地ガイド

おすすめのタグから探す

写真から探す

酸ヶ湯温泉から歩いて10分ほどの距離にある地獄沼。開けた場所にあり、背後には八甲田の山々がそびえ立つ。紅葉の時期を迎えると周囲の木々は鮮やかに色づき、紅葉と水が調和した美しい姿を見せてくれる。沼は強酸性で90度のお湯が絶…

八甲田山の北側に位置する田代平湿原は、秋になると湿原一帯が草紅葉の色に染まり、池塘では写真のように色づいた水草と水面が美しい姿を見せてくれる。一周1時間程度で散策できる木道が整備されているが、幅が狭い場所もあるので通行す…

以久科原生花園の海岸付近は、岸辺に流氷が押し寄せる風景を気軽に写せる隠れたスポット。流氷シーズンを迎えると、海岸には大小さまざまな大きさの流氷が接岸する。曇天時は流氷が海や空の色に溶け込んで目立ちにくくなるので、この写真…

世界第二位の透明度を誇る摩周湖。摩周第一展望台からは眼下に青い水を満々と湛えた冬の摩周湖の神秘的な姿を見ることができる。湖だけでなく湖上に浮かぶカムイシュ島や摩周岳などを入れて作画すると、変化のある写真に仕上げられる。展…

「日本の滝100選」のひとつに選ばれているオシンコシンの滝。落差50メートルの分岐瀑で、冬でも凍らずに岩肌を流れ落ちる姿は壮観だ。駐車場からもほど近く、滝前の展望台からその姿を撮影できる。冬の時期は色彩的な変化に乏しく、…

松山市駅は百貨店の入る駅ビルの中にある伊予鉄道のターミナル駅。松山市駅を出た路面電車はすぐに急なカーブで北へと進路を変える。このカーブの外側にあるバスの6番乗り場付近から駅の方を見ると、駅ビルの屋上の大観覧車と路面電車を…

県庁前の交差点の西側、堀之内公園の入口あたりから東を見ると、国道11号線上をJR松山駅方面に向かって進む電車を真正面から撮れる。35mm判換算で400mm相当の超望遠レンズを使って縦位置に構えると、80mほど先にある県庁…

蒸気機関車は終点で方向転換をする必要があるが、「坊っちゃん列車」の機関車も同じ。道後温泉駅に着いた列車は奥にある引き込み線に入り、客車を切り離す。機関車だけがさらに前進して、車体をジャッキアップさせ、人力で180度回転さ…

昭和4年に完成した愛媛県庁舎は今も現役。中央に大きなドーム状の屋根を持つ塔屋があり、正面から見ると左右対称に建屋を配した風格のある洋風建築となっている。路面電車の線路は県庁舎前を通っており、西側で90度に大きくカーブして…

市街地を走る路線の中で緑をバックに撮れるのは、松山城の堀端を走る本町一丁目駅と県庁前駅の間、道後公園の脇を走る道後温泉駅と道後公園駅の間の2区間。前者は交通量が多く、列車の手前に車が被ってしまうことが多いが、後者は平日で…

明治44年に建てられた洋風建築の駅舎を忠実に再現した道後温泉駅の駅舎。その正面には引き込み線があり、前日の運行終了から翌日の運行開始まで「坊っちゃん列車」が留置されるほか、運行の合間にもここに展示される。駅舎と機関車を画…

名高い観光地である道後温泉の最寄り駅がこの道後温泉駅。明治建築の雰囲気が残る駅舎をバックに「坊っちゃん列車」の発車シーンを撮るため、反対側の降車専用ホームから撮影した。広角レンズを使えば、横位置で駅舎全体を入れることもで…