撮影地ガイド

おすすめのタグから探す

写真から探す

石英斑岩が阿武川によって浸食されてできた渓谷で、切り立った岸壁といくつもの淵が織りなす変化に富んだ景観が魅力である。道の駅長門峡から下流の竜宮淵まで約5.3キロの遊歩道が整備されており、11月には渓谷全体が紅葉に染まる。…

飛鳥時代、中国の都城に倣って造営された国内初の本格的な都が藤原京である。南北約4.8キロ、東西約5.2キロと後の平城京や平安京を凌ぐ広大なものであり、ほぼ中央に天皇の宮殿である藤原宮が置かれていた。藤原宮跡では春のナノハ…

京都・嵐山といえば渡月橋と桂川が織り成す風景が有名である。渡月橋からほど近いトロッコ嵯峨野駅からは保津川に沿って片道7キロ、約25分の汽車旅を楽しめる。ビュースポットでは減速運転してくれるので、車窓を流れる新緑や紅葉を存…

富山湾越しに立山連峰や剱岳を望める雨晴海岸。冬の気温が下がった朝には海から気嵐が立ち昇り幻想的な風景となる。女岩のシルエットを生かしつつ、朝焼けに包まれた北アルプスをフレーミングするのが定番だ。撮影ポジションは限られるが…

合掌造りと呼ばれる茅葺き民家が建ち並ぶ白川郷。1995年に富山県の五箇山と共に世界文化遺産に登録された。冬の白川郷は豪雪地帯特有の景観を見せてくれるが、冬の飛騨は寒さが厳しく、天候は変わりやすい。雪が降りしきるシーンは集…

越後駒ヶ岳の登山口でもある枝折峠は秋になると雲海を目当てに多くの人で賑わう。奥只見湖から湧き上がる霧が朝にかけて広がり、山並みを越えて流れ落ちる滝雲で有名だ。越後駒ヶ岳への登山道や国道352号線沿いに展望スポットがいくつ…

犀川が流れる安曇平や北アルプスを眺望できるビュースポット。寒暖差の大きい秋の朝には安曇平を覆うような雲海が見られることがあり、新雪の北アルプスとのコンビネーションが素晴らしい。常念岳は安曇野のシンボルとも言える山であり、…

鹿島の森の御膳水を源にする雲場池。周囲は別荘地に囲まれており、15分ほどで一周できる小さな池だ。冬は雪をまとった木々と青空とのコントラストが美しいが、気温が上がるとすぐに溶けてしまうので降雪直後の晴天を狙いたい。紅葉シー…

おしどり隠しの滝、王滝、霧降の滝など、いくつもの滝が連なる横谷峡。横谷峡の入り口に位置する乙女滝は落差15メートルで水量が多く、間近で見ると迫力がある。冬はしぶきが凍りついて氷瀑となり、夕日に赤く染まるころはことさら美し…

旧高野家は甲州の東郡地域によく見られる切妻式民家である。江戸時代の享保年間に幕府の命により薬草である甘草を納めていたことから甘草屋敷と呼ばれている。甲州市塩山地区はころ柿の産地として知られており、11月には甘草屋敷でもた…

鹿野山にある九十九谷展望公園からは幾重にも連なる上総の山並みを一望できる。秋~春にかけての雲海シーズン、とりわけチャンスとなる雨上がりの朝には多くの人で賑わう。墨絵のような幻想的な山並みを切り取るためには望遠レンズを用意…

神流湖のすぐ下流に位置する三波石峡。青みがかった岩に白い石英が浮いて見える三波石を産出することで知られている。峡谷の入口に位置する登仙橋からは谷が深く刻まれた三波石峡らしい風景を一望でき、11月下旬の紅葉のころは色づいた…