ニュース

あのライカから初のインスタントカメラ「ライカ ゾフォート」登場! “チェキ”のフィルムが使える!

「ライカ ゾフォート」は、instaxフィルムを採用したライカ初のインスタントカメラ。2016年9月20日よりドイツ・ケルンで開催される「Photokina(フォトキナ)2016」に出展する。2016年11月発売予定で、実売価格は3万4560円。

↑カラーバリエーションはホワイト、オレンジ、ミントの3色。ボディ前面の上部には長方形のミラーが付いており、自撮りの際に活用できる
↑カラーバリエーションはホワイト、オレンジ、ミントの3色。ボディ前面の上部には長方形のミラーが付いており、自撮りの際に活用できる

撮影モードは、自動/自撮り/人物&パーティー/アクション&スポーツ/バルブ(長時間露光)/接写/セルフタイマー/二重露光の8種類。自動モードでは、できるだけ内蔵フラッシュを作動させずに自然光を活用して撮影する仕様になっている。内蔵フラッシュはオン/オフの手動切り替えも可能。

焦点距離は、撮影モードに関わらず標準モード(0.6~3.0m)/接写モード(0.3~0.6m)/遠景モード(3.0m~∞)の3種類から選択できる。露出や絞りなどはオートで撮影できるが、−0.7EVと+0.7EVの露出補正も可能。
↑ホワイト
20160919-i03 (3)
■フィルム
インスタントフィルムは、富士フイルムのインスタントカメラ「チェキ」で用いられているinstaxフィルムを採用。フレームは温かみのあるクリーム色で、カラーフィルムとモノクロフィルムを販売する。いずれも10枚1組のパックで販売予定。カラーフィルムは20枚分のダブルパックも販売する。

■アクセサリー
「ライカ ゾフォート用ストラップ」はミント/オレンジ/ブラック&ホワイトの3色、「ライカ ゾフォート用ケース」はブラックとブラウンの2色を用意。

そのほか、「ライカ ゾフォート ポストカード」「ライカ ゾフォート フォトディスプレイ」「ライカ ゾフォート フォトアルバム」「ライカ ゾフォート ストレージボックス」など、撮影した写真を楽しむためのアイテムも用意している。

■主な仕様
カラー ホワイト、オレンジ、ミント
焦点距離 60mm(35mm判換算 34mm)
絞り F12.7
最短撮影距離 0.3m(接写モード)/ 0.6mm(標準モード)
シャッタースピード 1/8~1/400 秒
ファインダー 光学実像式ビューファインダー [倍率]0.37倍
ISO感度 ISO 800 instax フィルム
電源 リチウムイオン バッテリーパック
バッテリー寿命 約100枚(20℃の場合)