ニュース

ハーフマクロ対応のキヤノン「RF24mm F1.8 MACRO IS STM」「RF15-30mm F4.5-6.3 IS STM」が8/26発売

キヤノンの大口径広角レンズ「RF24mm F1.8 MACRO IS STM」と広角ズームレンズ「RF15-30mm F4.5-6.3 IS STM」が、2022年8月26日発売に決定した。

RF24mm F1.8 MACRO IS STM、RF15-30mm F4.5-6.3 IS STM

 

2本とも、フルサイズミラーレスカメラに対応する小型・軽量なスタンダードクラスのレンズで、価格はオープン。参考価格は「RF24mm F1.8 MACRO IS STM」が96,800円、「RF15-30mm F4.5-6.3 IS STM」が85,800円 (いずれも税込) と、キヤノン純正レンズとしてはリーズナブルだ。

 

RF24mm F1.8 MACRO IS STM

「RF24mm F1.8 MACRO IS STM」はF1.8の明るさを持ち、広い画角と大きなボケを生かした表現が楽しめる。最大撮影倍率は0.5倍、最短撮影距離は14cmで、ハーフマクロ撮影が可能だ。手ブレ補正はレンズ単体で5.0段、「EOS R3」「EOS R5」との組み合わせでは6.5段の手ブレ補正効果を発揮する。

ハーフマクロ撮影が楽しめる小型軽量の大口径広角レンズ「キヤノン RF24mm F1.8 MACRO IS STM」

RF24mm F1.8 MACRO IS STMhttps://capa.getnavi.jp/news/410570/

 

RF15-30mm F4.5-6.3 IS STM

「RF15-30mm F4.5-6.3 IS STM」は、風景からスナップ、ポートレートなど幅広いシーンに対応。広角端ではダイナミックな遠近感、望遠端では見た目に近い自然な画角と遠近感でボケを生かした表現が可能だ。MF時には、ワイド端で12.8cmまで被写体に近づいて最大0.52倍のハーフマクロ撮影が楽しめる。手ブレ補正はレンズ単体で5.5段、「EOS R5」との組み合わせでは7.0段の手ブレ補正効果を発揮する。

8万円台のコンパクトな広角ズームレンズ「キヤノン RF15-30mm F4.5-6.3 IS STM」

RF15-30mm F4.5-6.3 IS STMhttps://capa.getnavi.jp/news/410595/