ニュース

“タムロンからの新提案” 超望遠ズームレンズ「50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD」開発発表

タムロンは、フルサイズ対応のソニーEマウント用超望遠ズームレンズ「50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD (Model A067)」の開発を2022年7月28日に発表した。発売は2022年秋の予定で、価格は未定。

タムロン 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD

■標準域50mmから超望遠域400mmをカバーするコンパクトな超望遠ズームレンズ

広角端50mmスタートのズーム比8倍、フルサイズミラーレス対応の超望遠ズームレンズは、「タムロンからの新提案」という位置付けだ。サイズは、100-400mmクラスの超望遠ズームと同等の小型・軽量化を実現する長さ183.4mm・重さ1,155gとなっており、フルサイズデジタル一眼レフ用の「100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD」ニコン用が長さ196.5mm・重さ1,115gなので、それよりも全体に小型・軽量化が図られている。

タムロン 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD

■ハーフマクロ撮影ができる近接撮影能力を備える

レンズ構成については、現時点では明らかになっていないものの、特殊硝材を効果的に配置することで、50-400mm全域で高画質を実現しているとのこと。最短撮影距離は広角端で0.25m、最大撮影倍率1:2で、ハーフマクロ撮影を楽しむことができる。

タムロン 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD

■操作性や拡張性も充実

質感・操作性を向上させた新レンズデザインを採用する。フィルター径はタムロンのミラーレス用レンズシリーズの多くと共通するφ67mmで、フィルターやレンズキャップを共有できるなど、複数のレンズを併用する際の利便性を高めている。

タムロン 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD

 

ズームリングの回転角度は75°で、レンズを持ち替えることなく広角端から望遠端まで一気にズーミングが可能。リニアモーターフォーカス機構VXD (Voice-coil eXtreme-torque Drive) や手ブレ補正機構VC (Vibration Compensation) を搭載する。

タムロン 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD

 

独自開発の専用ソフトウェア「TAMRON Lens UtilityTM」用コネクターポートを搭載する。

タムロン 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD
特に保護カバーなどは設けられていない。

 

撮影サポート機能として、簡易防滴構造をはじめ、防汚コート、ズームロックスイッチなども採用して、快適な撮影をサポートする。また、各種カメラ機能にも対応する。

■アクセサリー

三脚座が、別売りアクセサリーとして用意されている。型番は発表されていないが、艶消し塗装が施され、レンズと一体感のあるデザインとなっている。価格は未定。

タムロン 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD

■公式マガジン「TAMRON MAG」で魅力を紹介

開発中の製品のため、仕様や外観、性能等は変更する場合があるとしているが、かなり完成度の高い仕上がりとなっている。実際に撮影された画像やレンズの魅力は、タムロンの公式マガジン「TAMRON MAG」で紹介されている。発売が楽しみだ。

タムロン 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD

 

※製品の画像は開発中のものです。