ニュース

秋葉原でキャンプができる! JR高架下「キャンプ練習場」のモニター募集

ジェイアール東日本都市開発が、2022年8月13日~24日にJR山手線・秋葉原の高架下で実施する「高架下キャンプ練習場」の一般モニターを募集しています。

高架下キャンプ練習場

 

コロナ禍の中でも“密”を避けて楽しめるレジャーとして、注目度が高まっているキャンプ。皆さんの中にも、キャンプをしながら写真撮影を楽しむ「撮るキャン」を実践している人も多いのではないでしょうか。でも、道具を揃えたりマナーを把握したりと、キャンプ未経験者にはデビューまでのハードルが意外と高いのも事実。そんな初心者のために、本番前にキャンプの“練習”をできる施設が、都心の鉄道高架下に登場します。

■「キャンプ練習場」の事業化に向けた実験イベント

「高架下キャンプ練習場」は、JR東日本の鉄道高架下を管理・運営しているジェイアール東日本都市開発が、ReGACY Innovation Groupとキャンプ用品でおなじみのコールマンの協力のもとで検証を行なっている新規事業案。アクセスの良い都心での“キャンプ練習”によりアウトドアスキルの成長をサポートし、キャンプの間口を広げていくことを目的としています。JR山手線・秋葉原高架下での「高架下キャンプ練習場」設置はその実験イベントのひとつ。モニターになると、お試し価格で参加できます。

高架下キャンプ練習場

■スタッフのサポート付きで気軽にキャンプを体験

「高架下キャンプ練習場」では、コールマンのキャンプギアや調理器具などを借り、非日常的な空間でのキャンプを気軽に体験することができます。テントの設営・撤収や道具の使い方はスタッフがサポート。高架下なので雨でも心配ありません。場内には洗い場やトイレ、イベントスペースなども設置されており、備え付けのバーナーを使用したガス調理も可能。歩行者からは見えないように囲われており、警備員も常駐するため夜間も安心です。
※焚火、花火、炭火調理は不可。感染防止のため、寝袋や食器などは持参が必要です。

高架下キャンプ練習場
2022年のゴールデンウィークにJR中央線・西荻窪高架下で「高架下キャンプ練習場」の実証実験が行われた際には、キャンプ初心者、ソロキャンプ初心者、子連れファミリーなど総勢146名がモニターとして参加。現地調達した食材でアウトドア調理にも挑戦したり、街歩きや銭湯に行くなど都心ならではの楽しみも堪能したそうです。

■本番のキャンプに向けて疑問や不安を解消しよう

必要な道具や使い方、キャンプ場までの交通手段、周囲への配慮など、「撮るキャン」を実践する前に疑問点や不安な点を一気に解消する機会として活用できそうです。キャンプの知識は災害時にも有効なものばかり。防災の観点からも備えておくべきスキルかもしれません。

モニターへの参加の申し込みはWEBサイトから。

この夏はキャンプ+写真「撮るキャン」でいこう! アウトドアで写真を10倍楽しむ方法

撮るキャンhttps://capa.getnavi.jp/special/373279/

高架下キャンプ練習場 モニター募集 概要

開催日
2022年8月13日 (土) ~24日(水)

実施場所
JR山手線・秋葉原~御徒町間高架下 (東京都台東区秋葉原4)

アクセス
JR秋葉原駅 電気街⼝より徒歩5分、JR御徒町駅 南⼝より徒歩5分、東京メトロ末広町駅から徒歩3分

参加費 (実証実験限定、税込)

  • デイプラン (11:00~17:00) 大人2,000円、小学生1,000円
  • ナイトプラン (18:00~翌10:00) 大人2,000円、小学生1,000円
  • 宿泊プラン (13:00~翌10:00) 大人3,000円、小学生1,500円

※未就学児は保険料500円が必要。一部キャンプギアなどのレンタル料を含みます。

備考
1組最大6名まで。利用後にはアンケートを実施。

申し込み
WEBサイトから。
https://koukashitacamp.regacy-innovation.com/

 

 

〈文〉佐藤陽子