ニュース

開放F1.2のコンパクトな大口径準広角レンズ「NOKTON 23mm F1.2 Aspherical X-mount」が7/13発売

コシナが、フォクトレンダーの大口径準広角レンズ「NOKTON 23mm F1.2 Aspherical X-mount」を2022年7月13日に発売する。

NOKTON 23mm F1.2 Aspherical X-mount

 

「NOKTON 23mm F1.2 Aspherical X-mount」は、APS-C対応の富士フイルムXマウントレンズ。35mm判換算で34.5mm相当をカバーする。

マニュアルフォーカスレンズではあるが電子接点を搭載し、Exif情報、フォーカスチェック、撮影距離連動表示が可能。さらに「X-H1」「X-T4」「X-S10」などではボディ内手ブレ補正、「X-Pro3」ではパララックス補正にも対応する。また、電気接点非対応機種では、レンズなしレリーズを“許可”にすることで、絞り優先オートでの撮影が可能になる。

希望小売価格は99,000円 (税込)。当初は2022年4月発売の予定だったが、製造の都合により発売が延期されていた。

開放F1.2のコンパクトなXマウント用大口径準広角レンズ「NOKTON 23mm F1.2 Aspherical X-mount」

NOKTON 23mm F1.2 Aspherical X-mounthttps://capa.getnavi.jp/news/397889/