ニュース

シネマレンズのようにスムーズな操作感のミラーレス用大口径標準レンズ「トキナー SZ 33mm F1.2 MF」

ケンコー・トキナーは、APS-Cミラーレスカメラ向けの大口径標準レンズ「トキナー SZ 33mm F1.2 MF」を2022年6月17日に発売した。ソニーEマウントと富士フイルムXマウントの2種類が用意され、希望小売価格は66,000円 (税別)。受注生産という形をとる。

SZ 33mm F1.2 MF
ソニーEマウント用

 

「トキナー SZ 33mm F1.2 MF」は、APS-Cサイズのミラーレスカメラ用のMFレンズで、35mm判換算で約50mm相当の画角が得られる。絞り開放値はF1.2と明るく、高いボケ効果を生かした撮影ができる。同じ焦点距離のレンズとして、AFレンズの「atx-m 33mm F1.4」があるが、「SZ 33mm F1.2 MF」は画質とボケ味を優先し、シネマレンズのようなMFレンズというスタイルをとっている。

SZ 33mm F1.2 MF
作例

 

レンズ構成は7群9枚とシンプルな構成。フォーカシング機構は全体繰り出し式で、ピント合わせの際にレンズ先端部が繰り出される。金属製の鏡筒とトルクのある滑らかフォーカシングは、トキナーのハイエンドシネマレンズ「VISTA」をイメージしたもの。

SZ 33mm F1.2 MF
富士フイルムXマウント用

 

絞りリングは、幅が広く、クリックのないスムーズな動きはシネマレンズを思わせる。絞り羽根は11枚。絞りが無段階で変化するため、動画撮影にも最適。なお、絞りリングの回転方向は、同社の「atx-mシリーズ」や「SZ 8mm FISH-EYE MF」と逆方向となっている。

SZ 33mm F1.2 MF
クリックのない絞りリング

 

本レンズは電気接点を持たない完全マニュアルレンズで、EXIFデータの記録はできない。また、カメラによっては、「レンズなしレリーズの許可」の設定が必要。撮影モードも、マニュアル、または絞り優先AEでの使用に限られる。

SZ 33mm F1.2 MF
富士フイルムXシリーズでの使用例。金属製のネジ込み式フードが付属。

Tokina SZ 33mm F1.2 MF 主な仕様

対応マウント ソニーE、富士フイルムX
焦点距離 33mm
フォーカス方式 マニュアルフォーカス
レンズ構成 7群9枚
画角 48° (APS-C)
開放絞り F1.2
最小絞り F16
絞り羽根 11枚
最短撮影距離 0.5m
最大撮影倍率 1:13
フィルター径 62mm
最大径×長さ φ87.2×71mm (ソニーE)、φ87.5×71mm (富士フイルムX)
重さ 約605g
付属品 専用フード MH-624 (金属製ネジ込み式)、フロントキャップ、リアキャップ