ニュース

2年ぶりのGRリアルイベント「GR meet 47」へ行ってきた! 東京会場からレポート

全国47都道府県を巡りたい! そんな想いを込めて名付けられた「GR meet 47」が、2022年5月28日に東京・代官山の「DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERY」で開催された。

GR meet 47 in TOKYO

 

「GR meet」は、2018年から実施しているGRのファンイベント。2020年10月にオンラインとのハイブリッドでの実施はしていたが、完全なるリアルでの開催は、2019年10月の銭函以来となっていた。コロナ禍も落ち着きを見せ始め、各地でリアルイベントが少しずつ動き出してきた。東京での開催は、約4年ぶりとなる。その「GR meet 47」は、どんな催しだったのか、その様子をお伝えしよう。

GR meet 47 in TOKYO

 

「GR meet 47 in TOKYO」は、第1回の新潟 (4月23日)、第2回の京都 (5月14日) に続く3か所目の開催となる。ノベルティの缶バッジには「3/47」と記されていて、リアルイベントの開催が実感できた。

GR meet 47 in TOKYO

 

当日のタイムスケジュール。午前中は岡嶋和幸さん、大門美奈さんと一緒に街歩きをしながらの撮影会。午後は撮影会で撮った作品の講評会に続いて、石川直樹さん、ハービー・山口さんのスライド&トークショー、懇親会と盛りだくさんの内容となっている。

GR meet 47 in TOKYO

まずは「GR」で代官山をスナップ!

講師を務めた大門美奈さん (左) と岡嶋和幸さん (右)。

GR meet 47 in TOKYO

 

代官山周辺の撮影ポイントを説明する大門さん。

GR meet 47 in TOKYO

 

希望者には事前予約制で、「GR III」「GR IIIx」の貸し出しを実施。またこの日は特別に、テレコンやワイコン、外部ファインダーなどの貸し出しも行われた。

GR meet 47 in TOKYO

 

午前中から汗ばむほどの暑さの中、「GR」を手に代官山界隈を撮り歩く撮影会。20名ほどの参加者は2組に分かれ、思い思いに撮影を楽しんだ。

GR meet 47 in TOKYO

午後は講評会からスタート

午後からの参加者も加わって、講評会がスタート。会場を見渡すと参加者は60名ほどで、女性の姿も多く見られたのが印象的だった。

GR meet 47 in TOKYO

 

作品を講評する大門美奈さん。岡嶋さんと共に1点1点丁寧に講評していた。

GR meet 47 in TOKYO

 

作品を講評する岡嶋和幸さん。参加者の作品が上手すぎて、自身の作品が出しにくくなったと語っていた。最後に講師2人の作品も上映された。

GR meet 47 in TOKYO

 

大門さんのグループが最後に立ち寄ったショップ「GARDE COLLECTIVE」には、大門さんの作品が展示されていた。ショップの中でも撮影可能で、街歩きとはちょっと違った雰囲気の撮影が楽しめたようだ。

GR meet 47 in TOKYO

続いてスライド&トークショー

石川直樹さんのスライド&トークショー。「GR」シリーズはフィルム時代からの愛用しているとのことで、エベレスト登頂時に「GR」で撮影した動画作品を上映。また、この4月に登頂したダウラギリ、5月に登頂したカンチェンジュンガで撮影した最新作を披露してくれた。作品は6×7のフィルムで撮影したもので、迫力があった。

GR meet 47 in TOKYO

GR meet 47 in TOKYO

 

ハービー・山口さんのスライド&トークショーでは、「生きる希望」をテーマに撮り続けていることを過去の作品を交えながら紹介。話に熱が入って、途中からスクリーンの前で話し出すほど。ハービーさんの人柄と作品の裏側を覗くことができたように思えた。

GR meet 47 in TOKYO

GR meet 47 in TOKYO

 

スライド&トークショー終了後には、石川さんとハービーさんの撮影会。ハービーさんは参加者と一緒に記念写真も撮影して、イベントを大いに楽しんでいる様子だった。

GR meet 47 in TOKYO

最後はお楽しみの懇親会

「GR meet」で恒例となっている「みんなのGR」の集合写真。さまざまなストラップを装着してドレスアップされた新旧さまざまな「GR」が机の上に並べられていく。これだけ集まるとなかなか壮観だ。

GR meet 47 in TOKYO

 

マスク会食で行われた懇親会は、ハービーさんによる乾杯の発声でスタート。会場のあちこちが「GR」の話題で盛り上がっていた。GRユーザーも今回の開催を楽しみにしていたが、一番喜んでいたのは、2年ぶりにリアルイベントを開催できたリコーイメージングのスタッフだったのかもしれない。

GR meet 47 in TOKYO

 

「GR meet 47 in TOKYO」のノベルティグッズ。ロゴ入りのミニトートバッグには、バングル、缶バッジのほかに、写真集「GR STORY」、「GR」のロゴステッカー、SNSのQRシートなどが入っていた。こうしたグッズを手にできるのもリアルイベントならではだ。

GR meet 47 in TOKYO

GR meet 47 in TOKYO

 

「GR meet 47」は、このあと6月末頃に四国、7月上〜中旬に九州、7月下旬に東北を予定しているとのこと。詳細はGR officialブログやSNS、公式LINEアカウントで告知されるので、チェックしておこう。

 

GRファンは注目! GR officialが公式LINEカウントを開設、LINEならではのコミュニケーションも?

GR official 公式LINEカウントhttps://capa.getnavi.jp/news/397023/