ニュース

キヤノン EOS Rが身近に! 小型軽量APS-Cミラーレス「EOS R10」12万円台で登場

キヤノンは、エントリーユーザー向けのEOS Rシリーズとして、APS-Cミラーレスカメラ「EOS R10」を2022年7月下旬に発売する。価格はオープン。参考価格はボディ単体が128,480円、「RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM」を含むレンズキットが143,880円、「RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STM」を含むレンズキットが176,880円 (いずれも税込)。

EOS R10

 

「EOS R10」は、APS-CサイズCMOSセンサーを搭載した小型・軽量ミラーレスカメラ。エントリーユーザーやライトユーザー向けという位置づけになるが、AF性能、高速連写性能などは上位モデルの「EOS R7」に準じる部分も多い。大きな違いはボディ内手ブレ補正機能の非搭載とストロボの内蔵。フルサイズ対応のRFレンズに加え、新たに登場するRF-Sレンズに対応する。

EOS R10・RF-S18-45 IS STM レンズキット
「RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM」装着例
EOS R10・RF-S18-45 IS STM レンズキット
ガイドナンバー約6のストロボを内蔵 (手動ポップアップ式)

■有効約2420万画素のAPS-CサイズCMOSセンサー

新開発の有効約2420万画素APS-CMOSセンサーと高性能映像エンジン「DIGIC X」を搭載することで、自然な解像感を実現。常用感度の最高はISO32000。拡張感度はISO51200相当まで上げることができる。夜景や暗い室内などでも、高度なノイズ処理により被写体ブレや画像のざらつきを抑える。

EOS R10
作例

■EOS Rシリーズ最速の高速連写性能

メカシャッター/電子先幕使用時には、「EOS R7」と同じくEOS Rシリーズ最速となるAF/AE追従で最高約15コマ/秒の連写を実現。電子シャッターを使用時にはAF/AF追従で最高約23コマ/秒での高速連写を可能とする。

EOS R10
ボディ上面の操作部は右手側に集中

■「EOS R7」と同等の動体追尾性能

AF被写体検出技術を使用する「EOS R7」と同等の動体追尾性能を持ち、人物 (瞳、頭部、胴体)、動物 (犬・猫・鳥) の瞳・顔・全身、乗り物 (モータースポーツの車・バイク) の全体・スポットをしっかりと捉え、高い被写体追尾性能を発揮する。また「デュアルピクセルCMOS AF II」に対応し、AFの高速・高精度化を図り、同時に測距可能エリアを最大100×100% (被写体検出時) の画面全域とした。

■4K動画撮影モード

フル画角で6Kオーバーサンプリングによる4K UHD (30P)、約1.6倍のクロップ効果による望遠撮影が可能な4K UHDクロップ (60P) の2種類の4K動画撮影モードを搭載。4Kタイムラプス動画、120Pのハイフレーム動画などの特殊な動画撮影も楽しめる。また、動画電子ISを搭載し、ISを持たないレンズ使用時でも手ブレ補正が効くほか、IS付きRFレンズ使用時には協調制御でブレをより効果的に抑える。

■シンプルで分かりやすい操作部

ボディ上部のダイヤル、ボタン類は軍艦部の右側へ集中させ、従来のEOS Rシリーズでは左側にあった電源スイッチも右側へ移動。背面の操作部は一眼レフのエントリーモデルやミドルクラスモデルとあまり変わらず、違和感なく使用できる。

EOS R10
わかりやすい背面操作部

■有機EL採用のEVFとバリアングル液晶モニター

約236万ドットの有機ELパネルを採用した電子ビューファインダー (EVF) は、OVFビューアシスト機能により光学ファインダーのような見えを実現する。

背面の液晶モニターは3型、約104万ドットの液晶パネル (タッチ操作に対応) を使用。バリアングル方式により、ハイアングルやローアングル、自撮りなども自由に行える。

EOS R10・RF-S18-45 IS STM レンズキット

EOS R10
バリアングル方式の液晶モニター

■特徴ある作画機能

従来のEOS Rシリーズと同様、様々な作画機能を搭載し、撮影表現の幅を拡げてくれる。

パノラマショット
カメラをパンさせながらシャッターを切ることで、高画質なパノラマ画像を生成する機能。IS機能付きのRFレンズとの組み合わせでは、ブレが低減されて鮮明な仕上がりとなる。

EOS R10
作例

流し撮り
AFのトラッキング中に被写体の移動速度の情報などから流し撮りに適したシャッタースピードが自動設定されるため、被写体に集中できる。

RAWバーストモード
電子シャッターによるRAW記録による高速連写機能で、AF/AEが追従した状態で最高約30コマ/秒で撮影できる。さらに、「プリ撮影」をオンにすると、シャッターボタンを全押しする約0.5秒前から画像が記録される。

HDR PQ
HDRディスプレイの性能をフルに生かすことができるダイナミックレンジの広いHDR画像を撮影する機能。一般のJPEGが8bitなのに対して、HDR PQでは10bitで記録され、記録形式もHEIFとなる。

EOS R10
設定なし
EOS R10
HDRモードのみ
EOS R10
HDR撮影 (HDR PQ) のみ
EOS R10
HDRモード + HDR撮影 (HDR PQ)

カメラ内深度合成
フォーカスブラケット撮影時に深度合成を行い、奥行き方向の広い範囲にピントが合った画像を記録することができる。

EOS R10
作例

■スマホとつながる「Camera Connect」

「EOS R10」は、スマートフォンなどとのWi-FiとBluetooth接続が可能。スマートフォンにEOS Rシリーズとの連携アプリ「Camera Connect」をインストールしておけば、撮影した画像や動画をスマホに転送し、SNSにアップしたり、スマホの画面で構図を確認するリモートライブビュー撮影を行ったりできる。

レンズキット

■EOS R10・RF-S18-45 IS STM レンズキット

同時に発表された標準ズームレンズ「RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM」が付属する。

EOS R10・RF-S18-45 IS STM レンズキット

■EOS R10・RF-S18-150 IS STM レンズキット

同時に発表された高倍率ズームレンズ「RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STM」が付属する。

EOS R10・RF-S18-150 IS STM レンズキット

Canon EOS R10 主な仕様

有効画素数 約2420万画素
撮像素子 APS-CサイズCMOSセンサー
マウント キヤノンRFマウント
ISO感度 常用 ISO 100〜32000、拡張 ISO 51200相当
シャッター速度 メカシャッター 1/4000〜30秒、電子シャッター 1/16000秒~30秒、バルブ
ファインダー 0.39型 約236万ドット OLED電子ビューファインダー
画像モニター 3.0型 約104万ドット バリアングル液晶モニター (静電容量方式タッチパネル)
記録媒体 SD/SDHC/SDXCメモリーカード (UHS-II・UHS-I対応)
幅×高さ×奥行き 約122.5×87.8×83.4mm
質量 約382g (本体のみ) / 約429g (バッテリー、メモリーカードを含む)
付属品 バッテリーチャージャー LC-E17、バッテリーパック LP-E17、ストラップ ER-EOSR10、アクセサリーシューカバー ER-SC2