ニュース

光のエフェクト機能で動画撮影でも活躍する強力なバイカラーLEDライト「Phottix X160」

SAEDAは、Phottix (フォティックス) のバイカラーLEDライト「X160 COB Bi-COLOR LED Light」と軽量ライトスタンド「PX200 Light Stand」を2022年5月20日に発売した。

Phottix X160
Phottix X160 (リフレクター装着時)

 

「X160 COB Bi-COLOR LED Light」は広い発光面を持ち、高出力のCOB LEDを採用した静止画および動画撮影用のLEDライト。最新のちらつきのないLED技術を使用し、出力150Wで、明るさは最大37,000lux@1m (5600K時) を実現している。色温度を2800〜6800Kの間で調整可能なバイカラータイプで、5つのシナリオエフェクト機能により動画撮影時の演出にも利用できる。

Phottix X160
色温度は2800〜6800Kの間で調整可能。

 

ライト本体はヒートシンク設計が施され、静音冷却ファンも内蔵しているため、長時間使用しても安心。発光部前面はBowensマウント対応で、ソフトボックスなどの様々なアクセサリーの装着が可能だ。

Phottix X160
正面。黄色い部分がCOB LED (発光部)。
Phottix X160
上部には静音冷却ファンを内蔵
Phottix X160
背面

 

コントロールボックスにはモード設定を確認するディスプレイがあり、ボタンやダイヤルの操作により光量、色温度などの諸設定を行う。付属するクランプでライトスタンドに取り付け可能。電源はACのほか、Vマウントバッテリーも使用できる。

Phottix X160
コントロールボックスとクランプ。

 

さらに、Android・iOSのアプリを使用することで、スマートフォンから各種の設定を行うことも可能となっている。

Phottix X160
アプリでの操作も可能。

 

本体は全長約26cm、重量約1700gと小型・軽量設計で、持ち運びに便利なキャリングバッグが付属する。

Phottix X160
Phottix X160の同梱品。

Phottix X160 COB Bi-COLOR LED Light

COB LEDを採用したバイカラーLED。付属リフレクター使用時に、最大37,000lux@1m (5600K) の明るさを誇る。価格はオープンで、参考価格は135,000円 (税別)。

Phottix X160
使用時のイメージ (スタンドは別売)

[色温度] 2800〜6800K [明るさ] 37,000lux@1m/5600K [最大出力] 150W [CRI] 96+ [TLCI] 98+ [電源] ACアダプター、Vマウントバッテリー (別売) [本体サイズ] 260×120×120mm [本体重量] 1620g [付属品] コントロールボックス、リフレクター、コントロールボックス用クランプ、接続ケーブル、ACアダプター、ACアダプターハンギングポーチ、ACケーブル、キャリーバッグ

Phottix PX200 Light Stand

耐久性に優れたダイキャストスチール製の軽量ライトスタンド。ポールと脚の表面には滑りにくく、反射しにくいフロスティング加工が施されている。耐荷重は5kg、全伸高は2m。価格はオープンで、参考価格は7,000円 (税別)。

Phottix PX200 Light Stand

[全伸長] 2000mm [最低高] 840mm [収納高] 700mm [耐荷重] 5kg [重量] 1000g [材質] ダイキャストスチール [ダボ形状] 1/4インチネジ オスダボ