ニュース

カメラを手元で操作できるソニーのシューティンググリップ「GP-VPT2BT」に新色ホワイトが登場

ソニーは、ソニー製カメラ用のワイヤレスコマンダー機能付きシューティンググリップ「GP-VPT2BT」のホワイトモデルを2022年夏に発売する。希望小売価格は13,816円 (税込)。

GP-VPT2BT ホワイト

 

「GP-VPT2BT」は、ソニー製カメラとBluetooth接続を行うことで、背面のボタンでカメラ操作ができるシューティンググリップ。ミラーレスカメラのαシリーズ、「VLOGCAM ZV-1」「Cyber-shot RX100 VII」「Cyber-shot RX0 II」などと組み合わせて使用する。ブラックモデルが2020年に発売されており、今回はホワイトモデルが追加されることになった。

GP-VPT2BT ホワイト
「VLOGCAM ZV-1」を使い自撮りするイメージ

 

グリップの背面に設けられたボタンにより、静止画の撮影、動画撮影のスタート / ストップ、電動ズームレンズ使用時にはズームの操作を行うことができる。また、カメラ本体のC1ボタンに設定した機能を操作できるC1ボタンも搭載され、カメラの動作状態を知らせるLEDランプも備える。

GP-VPT2BT ホワイト
三脚状態で「VLOGCAM ZV-1」を載せたイメージ

 

耐荷重は1.5kgで、簡易式の雲台を備え、撮影方向を上下左右に素早く切り換えられる。また、グリップ部に内蔵された2本の脚を引き出すことでテーブル三脚にもなる。防塵・防滴に配慮した構造となっており、屋外でも安心して使うことができる。

GP-VPT2BT ホワイト

GP-VPT2BT ホワイト
撮影シーンのイメージ

SONY GP-VPT2BT ホワイト 主な仕様

耐荷重 1.5kg
電源 リチウムコイン電池 CR2032×1
サイズ (幅×高さ×奥行き) グリップ状態 約49.5×173.0×42.0mm、三脚状態 約146.5×133.5×163.0mm
質量 約186g
付属品 キャリングポーチ、リチウムコイン電池 CR2032
対応機種 α1 / α9 II / α9 / α7R IV / α7R III / α7S III / α7 IV / α7 III / α7c / α6600 / α6400 / α6100、VLOGCAM ZV-E10 / ZV-1、Cyber-shot RX100 VII / RX0 II