ニュース

究極の性能と小型軽量を両立したフルサイズ対応Zマウントレンズ「APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical」が5/20発売

コシナが、フォクトレンダーの標準MFレンズ「APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical」ニコンZマウント用を2022年5月20日に発売する。

APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical

 

ニコンのフルサイズミラーレスカメラに対応。光学系は発売中のEマウントVMマウントと同じだが、ニコンZシステムのイメージセンサーに最適化されている。

APO-LANTHAR (アポランター) はフォクトレンダーのレンズの中でも特に高性能な製品に与えられる称号で、軸上色収差を限りなくゼロに近づけるアポクロマート設計に由来する。さらに諸収差を徹底排除し、高い解像力やコントラスト再現性など、究極の性能を追求した。小型・軽量で取り回しのよさも魅力のレンズだ。

希望小売価格は132,000円 (税込)。詳しい性能はこちら。
https://capa.getnavi.jp/news/401367/

フォクトレンダー APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical 主な仕様

マウント ニコンZマウント
焦点距離 50mm
口径比 1:2
最小絞り F16
レンズ構成 8群10枚
画角 45.6°
絞り羽根枚数 12枚
最短撮影距離 0.45m
最大撮影倍率 1:6.46
フィルター径 φ52mm
最大径×全長 φ67.6×64.3mm
質量 347g
付属品 専用ねじ込みフード