ニュース

藤原ヒロシとコラボしたモノクロ専用カメラ「ライカM10モノクローム“fragment Edition”」「ライカQ2モノクローム“fragment Edition”」限定発売

ライカカメラジャパンは、藤原ヒロシさん主宰のデザイン集団“fragment design”とのコラボレーションによるデジタルカメラ2機種を、2022年5月末より各20台限定で発売する。「ライカM10 モノクローム “fragment Edition”」は1,375,000円 (税込)、「ライカQ2 モノクローム “fragment Edition”」は990,000円 (税込)。

ライカM10モノクローム“fragment Edition”、ライカQ2モノクローム“fragment Edition”

 

ファッションブランドとのコラボレーションを多数手がけてきたデザイナー/クリエイターの藤原ヒロシさんは、ライカ愛好家としても知られている。今回のコラボでは、数あるライカカメラの中から、モノクローム撮影専用モデルである「ライカM10モノクローム」と新たにモノクローム専用仕様に仕立てられた「ライカQ2モノクローム」が選ばれた。

2つの限定モデルに共通するのは、「Leica」の赤いロゴを省略し、全体が黒で統一されたボディ。外装には通常のレザーに代わり特別なカウハイドレザーが用いられ、正面に“fragment design”のロゴの刻印が入る点だ。ロゴが控えめにあしらわれることで、洗練されたミニマルな外装に仕上がっている。

今回のコラボレーションモデルの発売は、ライカGINZA SIXのオープン5周年を記念したもので、同店のみの限定販売となる。

ライカM10モノクローム “fragment Edition”

ライカM10モノクローム“fragment Edition”

「ライカM10モノクローム」は、モノクローム撮影専用のレンジファインダー式デジタルカメラ。カラーフィルターを持たず、有効約4000万画素の高精細イメージセンサーにより、細部まで鮮明に、シャープに描写する。「Leica」の赤いロゴが省略され、ボディ全体をマットブラックで統一し、シンプルなイメージでまとめられている。

ライカM10モノクローム“fragment Edition”
ボディ上面には「FRAGMENT」の文字とロゴが入る。

カメラの性能は通常モデルと同じ。詳しくはこちら。
https://capa.getnavi.jp/news/325444/

ライカQ2モノクローム “fragment Edition”

ライカQ2モノクローム“fragment Edition”

「ライカQ2モノクローム」は、フルサイズセンサー搭載のコンパクトデジタルカメラとして初めてモノクローム撮影専用の撮像素子を搭載したモデル。有効約4700万画素センサーによる高画素撮影に対応し、固定式のレンズはシャープな描写で定評のある「ライカ ズミルックス f1.7/28mm ASPH.」を採用。Mシリーズとは異なり、AFでの撮影が可能となっている。直感的な操作性と防塵・防滴に配慮したボディにより、幅広い撮影シーンで撮影を楽しめる。

本体カラーにはマットなブラックが使われ、「Leica」の赤いロゴが省略されたことから落ち着いた雰囲気に仕上がっている。

ライカQ2モノクローム“fragment Edition”
ボディ上面には「FRAGMENT」の文字とロゴが入る。

カメラの性能は通常モデルと同じ。詳しくはこちら。
https://capa.getnavi.jp/news/351704/