ニュース

ノスタルジックな写真が撮れる超個性派フィルター「アルプスパンチ!」「なついろパンチ!」先行予約スタート

マルミ光機は、写真家の鈴木さや香さんがプロディースしたフィルター「アルプスパンチ!」と「なついろパンチ!」の先行予約販売を2022年4月15日に開始した。予約は鈴木さんが運営するAtelier Piccolo (アトリエピッコロ) のWEBサイトより。数量限定での販売となる。

アルプスパンチ!・なついろパンチ!

 

「アルプスパンチ!」と「なついろパンチ!」は、「解像度のいらない世界へ」というコンセプトに基づき、にじみが強く、ぼやっとした描写を楽しめるというユニークなフィルター。オールドレンズやフィルムカメラでなければ味わえなかった表現を高解像度のデジタルカメラでも撮れるようにするのがこの製品の狙い。

解像度が落ちて、強いにじみで輪郭や光がはっきりとした像として写らないこと、フレアやゴーストが出やすいこと、ホワイトバランスを変えることで色味が大きく変わることが、2つのフィルターの共通点となる。

アルプスパンチ!

アルプスパンチ!

マゼンタに反射する色味のフィルターで、緑色が強めに出るコーティングが施されている。画面全体に緑色がのり、もともと緑色だった部分の発色がよくなる。同時に赤の発色もよくなるのが特徴。光源にカメラを向けるとマゼンタのフレアやゴーストが出やすいが、絞りを絞るとより強く出るようになる。

アルプスパンチ!

製品名の「アルプス」は、マルミ光機の工場からよく見える南アルプスや中央アルプスの山々の色をイメージしたもの。

フィルターサイズは、46〜67mmの6サイズ。価格は46mmが6,180円、49mmが6,480円、52mmが6,580円、55mmが6,680円、58mmが7,280円、67mmが8,380円 (いずれも税込)。

なついろパンチ!

なついろパンチ!

水色に反射する色味のフィルターで、濃い水色が全体にのるコーティングが施されている。爽やかな発色となり、ノスタルジックな雰囲気のある写真が撮れる。製品名の「なついろ」は爽やかな「夏色」と「懐かしい色」のダブルミーニングによる。

なついろパンチ!

フィルターの効果としては、にじみが強く、水面のキラキラがやわらかな輝きに変わり、白い空や雲の部分は濃度が増すことでムダな余白がなくなる。「アルプスパンチ!」に比べ、ゴースト・フレアが柔らかで、発色が落ち着いている。

フィルターサイズは、46〜67mmの6サイズ。価格は46mmが6,980円、49mmが7,280円、52mmが7,480円、55mmが7,680円、58mmが8,480円、67mmが10,780円 (いずれも税込)。

先行展示と写真展も開催

鈴木さや香さんが店主を務めるアトリエピッコロ (神奈川県鎌倉市) では、2022年4月15日〜24日の間、「アルプスパンチ!」と「なついろパンチ!」を使って撮影された写真展「なつのうたたね みどりのハナウタ」が開催されている。こちらでは「アルプスパンチ!」と「なついろパンチ!」も展示される。

写真展の情報と作品はこちら。
https://capa.getnavi.jp/pickup/220415suzuki/

鈴木さや香写真展「なつのうたたね みどりのハナウタ」

 

■Atelier Piccolo
https://www.info-atelierpiccolo.com/