ニュース

PFレンズ採用で大幅に小型軽量化した超望遠レンズ「NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S」発売

ニコンは、フルサイズ (FXフォーマット) 対応のZマウントの超望遠レンズ「NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S」を2022年4月22日に発売する予定。受注生産品となり、4月8日より受け付けを開始する。希望小売価格は973,500円 (税込)。

NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S

 

「NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S」は、2021年12月14日に開発発表を行ったZマウントとしては最長の超望遠レンズ。Zレンズとして初めてPF (位相フレネル) レンズを使用した光学系を持ち、一眼レフ用レンズの「AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR」と比較して、約48%の軽量化、全長は約16%の小型を実現した。

光学系にはED (特殊低分散) レンズ3枚、SR (特殊高分散) レンズ1枚が使われ、色収差を抑え、被写体の細部まで鮮明に写すことができる。さらにナノクリスタルコートの採用とPFレンズの形状、レンズ配置の最適化により、ゴーストの発生を抑制してクリアな描写を実現。フォーカス時の画角変化 (フォーカスブリージング) の低減や露出の安定化など、動画撮影に配慮した設計も行われている。

NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S

 

全長は400mmを切り、質量も約2385gと、800mmレンズとしては驚異的な軽さを達成。面積の広い滑り止めラバーを採用することで、ホールディング性も優れている。任意の機能を割り当てられる「レンズFn2ボタン」4つと「レンズFnボタン」1つを設けたことも操作性の向上に寄与する。内蔵する光学式VR機構は5.0段の手ブレ補正効果 (「Z 9」使用時は5.5段) が得られ、スポーツ撮影や野鳥撮影などで高い機動力を発揮する。

NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S
三脚座装着時

 

もちろん、高い堅牢性と防塵・防滴性能を持ち、レンズ最前面には防汚効果のあるフッ素コーティングが施されている。また、テレコンバーターを装着しても高い解像感が維持され、「Z TELECONVERTER TC-1.4x」と組み合わせると焦点距離を1120mmに、「Z TELECONVERTER TC-2.0x」使用時には1600mmでの撮影が可能となる。

PFレンズとは?
光の回折現象を利用して色収差を補正するレンズ。PF素子と通常のガラスレンズを組み合わせることで、優れた色収差補正力を発揮する。強力な色消し効果によってレンズの薄肉化や比重の小さい硝材の使用を可能とし、レンズ全体の小型・軽量化にも貢献する。

先行展示

ニコンプラザ東京、ニコンプラザ大阪にて、2022年4月6日より先行展示を実施。体験もできる。

NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S 主な仕様

マウント ニコンZマウント
焦点距離 800mm
レンズ構成 14群22枚 (EDレンズ3枚、SRレンズ1枚、PFレンズ1枚)
画角 3°10′(撮像範囲FX)、2°00′(撮像範囲DX)
手ブレ補正 内蔵 (光学式VR機構) 手ブレ補正効果 : 5.0段
最大絞り F6.3
最小絞り F32
絞り羽根枚数 9枚 (円形絞り)
最短撮影距離 5m
最大撮影倍率 0.16倍
フィルター径 φ46mm (組み込み式)
三脚座 360°回転三脚座リング
最大径×長さ 約φ140×385mm
質量 約2385g
付属品 レンズキャップ LC-K106、裏ぶた LF-N1、レンズフード HB-104、ストラップ LN-3、レンズケース CL-L3