ニュース

TTL対応クリップオンストロボ「GODOX V860 III」の富士フイルム、ペンタックス、オリンパス/パナソニック用発売

ケンコープロフェッショナルイメージング (KPI) は、GODOX (ゴドックス) のクリップオンストロボ「V860 III」の富士フイルム用 (V860 III F)、オリンパス/パナソニック用 (V860 III O)、ペンタックス用 (V860 III P) を2022年3月15日に発売した。希望小売価格はいずれも34,980円 (税込)。

GODOX V860 III

 

「V860 III」は、各カメラメーカーのTTL自動調光に対応するスタンダードタイプのクリップオンストロボ。出力は76Ws (Watt Seconds) とクリップオンストロボとしては強力。ヘッドのバウンス角度は水平0〜330°、垂直−7〜120°。ズーム機能により20〜200mmの範囲で照射画角をコントロールできる。なお、引き出し式のワイドパネル使用時は14mm相当の画角をカバーする。

GODOX V860 III

 

ボディ前面、「GODOX」のロゴの上にはLEDモデリングランプを内蔵。10段階の調光が可能となっている。電源には充電式のリチウムイオンバッテリーVB26 (7.2V/2600mAh) を使用し、リサイクルタイムは1.5秒と早く、フル発光で最大約480回の連続発光を行うことができる。

GODOX V860 III

 

ワイヤレスフラッシュ機能は独自の「GODOX X フラッシュシステム」に対応し、GODOX X-Proなどの送信ユニットと組み合わせて遠隔制御を行うことができる。

GODOX V860 III

 

なお、すでに、キヤノン用 (V860 III C)、ニコン用 (V860 III N)、ソニー用 (V860 III S) が2021年10月29日に発売されている。
https://capa.getnavi.jp/news/383547/

GODOX V860 III
使用例

GODOX V860 III 主な仕様

出力 76Ws
フラッシュ範囲 20〜200mmレンズ対応
照射角 水平0〜330°、垂直−7〜120°
発光時間 1/300〜1/20000秒
フル発光回数 最大約480回
リサイクルタイム 1.5秒
色温度 5600K±200K
露出コントロール 各社のTTLオートフラッシュおよびマニュアル
電源 リチウムイオンバッテリーVB26 (7.2V/2600mAh)
大きさ W75×H195×D59mm
重量 410g (本体のみ)、530g (バッテリーを含む)