ニュース

「PENTAX K-3 Mark III」にカメラ単体での天体追尾撮影機能アストロトレーサーを追加

リコーイメージングが、一眼レフカメラ「PENTAX K-3 Mark III」「PENTAX K-1」「PENTAX K-1 Mark II」「PENTAX J limited 01」の最新ファームウェアを2022年3月3日に公開した。

PENTAX K-3 Mark III

 

「K-3 Mark III」はカメラ単体での天体追尾撮影機能「アストロトレーサー」、「K-1」「K-1 Mark II」「J limited 01」は新カスタムイメージ「里び (SATOBI)」が追加された。いずれもベータ版ファームウェアが先行公開されていたが、正式に対応した。

「里び (SATOBI)」は、1960〜70年代のカラー写真のような風合いを目指したカスタムイメージ。少し哀愁を感じるような写真に仕上がる。

ENTAX ミーティング オンライン 2021
「PENTAXミーティング オンライン2021」より、「里び (SATOBI)」を適用したサンプル写真。

変更内容は以下のとおり。

PENTAX K-3 Mark III ファームウェア Ver.1.41

  • アストロトレーサーType3を追加。
  • ファインダー撮影時AFにおける測距精度や安定性を向上。
  • 全体的な動作の安定性を向上。

ファームウェアのダウンロードはこちらから。

PENTAX K-1 ファームウェア Ver.1.60

  • 新カスタムイメージ「里び (SATOBI)」を追加。
  • 全体的な動作の安定性を向上。

ファームウェアのダウンロードはこちらから。

PENTAX K-1 Mark II / J limited 01 ファームウェア Ver.1.30

  • 新カスタムイメージ「里び (SATOBI)」を追加。
  • 全体的な動作の安定性を向上。

ファームウェアのダウンロードはこちらから。