ニュース

ニコンの大口径超望遠レンズ「NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR S」は半年待ちの可能性も

ニコンが、2022年2月18日に発売を予定している大口径超望遠レンズ「NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR S」について、供給遅れの可能性があることを発表した。

NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR S

 

現時点でニコンの想定を超える予約が入っており、すでに予約している場合でも発売日当日に製品が手に入らない場合がある。また、これから予約した場合は、納品までに6か月以上かかる場合があるとのことだ。

「NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR S」は、NIKKOR Zレンズ初の超望遠単焦点レンズ。1.4倍テレコンバーターを内蔵し、1本で400mmと560mmをカバーする。手ブレ補正は5.5段で、内蔵テレコン使用時も高い手ブレ補正効果を発揮。コーティングやAF駆動にも最新の技術を採用している。

希望小売価格は2,013,000円 (税込)。詳しくはこちら。
https://capa.getnavi.jp/news/391905/

NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR S
「Z 9」装着時