ニュース

パリが持つ“街の力”をモノクロで写しとめた 中藤毅彦写真集『PARIS 2011-2019』

中藤毅彦さんが写真集『PARIS 2011-2019』を上梓した。

中藤毅彦『PARIS 2011-2019』

■収録作品ギャラリー

 

中藤さんは30年来、世界各国の都市を歩き、モノクロームでスナップし続けてきた。東欧、ロシア、キューバなどを巡り、最も惹かれたのがパリだという。100年前の建物が残る街並みや、ファッショナブルなライフスタイルをイメージするかもしれないが、中藤さんが捉えたのは、多様な人種が混在して生きる街の混沌さと、地場のように存在する生命のエネルギーだ。

2019年に訪れた際は、仏政府に多くの市民が抗議したジレジョーヌ運動に居合わせた。その光景はかつての百年戦争のようである。そんな時空を超えたイメージをも想起させるのは、街の持つ力だろうか。

 

中藤毅彦『PARIS 2011-2019』

A4判変型・120ページ
3,850円(税込)
2021年11月発売
ギャラリー・ニエプス

※書店での流通はありません。問い合わせはギャラリー・ニエプスへ。

 

中藤毅彦

中藤毅彦 (Takehiko Nakafuji)
1970年、東京生まれ。早稲田大学第一文学部中退、東京ビジュアルアーツ写真学科卒。東京、四谷三丁目にてギャラリー・ニエプスを運営。モノクロームのストリートスナップを中心に作品を発表し続けている。
→ WEBサイト
→ Twitter

 

〈文〉市井康延