ニュース

CAPA流し撮りGP 2021年間チャンピオンの傑作レース写真をずらり公開!

CAPAのモータースポーツフォトコンテスト「流し撮りGP」の2021年シリーズチャンピオンは清水啓さんが獲得しました。シリーズ全8戦中3勝をあげる見事な展開で、最終戦を待つことなくチャンピオンを決定するという、ブッチギリの強さを発揮しました。シーズンオフ恒例のチャンピオン自選による「チャンピオンズギャラリー」をご覧ください。

CAPA流し撮りGP 2021シリーズチャンピオン

清水 啓 (しみず あきら) さん
Instagram @a_shimizu_photo

サラリーマン生活のかたわら、自然風景、都市風景、鉄道、各種スポーツなど幅広く撮影活動を続けています。モータースポーツ撮影は10年前、偶然F1写真家:熱田護氏の写真集『Turn in』 (三樹書房刊)を見て「こんなかっこいい写真を撮りたい!」と思ったのがきっかけです。CAPA流し撮りGPは毎号見ていましたが、このコンテストは「私ではまだ力不足」と、ずっと思っていました。

2年前、風景写真のコンテストなどで認めていただく機会も増えてきたころ、「やっぱりモータースポーツは長く撮ってきただけに、この分野でも認められたい!」という思いが強くなり、2019年第5戦より流し撮りGPに参戦。初戦の「予選通過」で気をよくし、それからのめり込んでしまいました。

それまで、自分のモータースポーツ撮影は「ただ流せばいい」の作品ばかりでした。が、流し撮りGPに応募を開始してからは、入賞や予選通過の作品を穴のあくほど見て、ここで戦うには「迫力・スピード感・美しさ」がより必要と痛感。サーキットでカメラを構えるときには「この場面で3つの要素を出すには?」と真剣に考えるようになりました。

迎えた今シーズンは、上位ランキング入りを狙って参戦を続け「まさかの3勝」をするなど、出来すぎのシーズンとなりました。そして「シリーズチャンピオン!」、夢のような響きです。ありがとうございます。これを機会にまた、流し撮りGPを盛り上げられるよう精進してまいります。

今回発表のチャンスをいただいいた「チャンピオンズギャラリー」では、私の流し撮りGPでのエポックメイキングな入賞作、予選通過、予選落ちの作品を並べてみました。流し撮りGPの経験が3年目と浅い私です。もちろん小林稔審査委員長に選んでいただいた入賞作品、そしてなにより1位をとった3作品が私の推し作品ではありますが、予選落ちの作品をも含めて、私の流し撮りGPの歴史をご覧いただけましたら幸いです。

CAPA流し撮りGP2021 チャンピオンズギャラリー

「快走」2019年第5戦 予選通過作品 (流し撮りGP初参戦)

コメント : ここから流し撮りGPとのお付き合いが始まりました。今、見直してみると、なんとか皆さんとの違いを出そうと無理した低速シャッター流しをしていたように思います。
SUPER GT 2019第5戦 (富士スピードウェイ コカ・コーラコーナー)
キヤノン EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM シャッター優先Tvモード (0.5秒 F29) −1/3補正 ISO100

「光跡」2019年最終第8戦 2位獲得作品

コメント : 初入賞が2位。次年度2020年シーズンへの期待が一気に高まり「来年はフル参戦するぞ!」と意気込みましたが、まさかの新型コロナで残念な年になります。
SUPER GT 2019第8戦 (ツインリンクもてぎ S字コーナー)
キヤノン EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM シャッター優先Tvモード (1/3秒 F16) −1補正 ISO100

「光の中へ」2020年第2戦 予選通過作品

コメント : ツインリンクもてぎのS字は決勝レースの時刻にとてもいい光が入ってきて、いろいろな撮り方ができます。もてぎではいつも、ここを拠点にして撮影計画を立てていきます。
SUPER GT 2019第8戦 (ツインリンクもてぎ S字コーナー)
キヤノン EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM シャッター優先Tvモード (1/15秒 F9) −1補正 ISO100

「爽快、快走!」2020年第4戦 1位獲得作品

コメント : 流し撮りGP初めての優勝作品です。本屋さんで見て、心の中でガッポーズ! この場で戦っていける自信となりました。が、しかし、このあと最終戦まで入賞なしのすべて予選通過止まり。結構落ち込みました。
SUPER GT 2019第8戦 (ツインリンクもてぎ S字コーナー)
キヤノン EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM シャッター優先Tvモード (1/13秒 F7.1) −1/3補正 ISO100

「勝利の光に導かれ」 2020年第7戦 予選通過作品

コメント : 怪しい雲が立ち込めていましたが、光が差し込むのを待っていました。差し込んできた瞬間、標準ズームに付け替えると、景色の中に飛び込んできたのは、この日優勝したARTA! ラッキーでした。望遠レンズでファインダーに集中していると天空の雲を見落としがちですが、いつも風景写真を撮っているので、この時も雲行きが気になっていました。
SUPER GT 2020第8戦 (ツインリンクもてぎ S字コーナー)
キヤノン EOS R5 RF24-105mm F4 L IS USM シャッター優先Tvモード (1/200秒 F14) −2/3補正 ISO100

「レッドブル走る!」2020第8戦 予選通過作品

コメント : 背景のガードレールをレッドブルマークにかぶせることで浮き立たせ、真っ直ぐに突進する姿となるよう低速シャッターを使いました。
SUPER GT 2020第8戦 (富士スピードウェイ GRスープラコーナー)
キヤノン EOS R5 EF500mm F4L IS II USM シャッター優先Tvモード (0.3秒 F25) −1 1/3補正 ISO100

「風になる」2021年第1戦 5位入賞作品

コメント : 今年の開幕として、幸先いいスタートが切れました。ドライバーが風を切るかのように流したいと思いながら、長時間、何度も何度もチャレンジした結果の1枚です。
SUPER FORMULA 2020 (富士スピードウェイ ダンロップコーナー)
キヤノン EOS R5 EF500mm F4L IS II USM + 1.4x III シャッター優先Tvモード (1/10秒 F9) −2/3補正 ISO125

「孤独な闘い」2021第3戦 予選通過作品

コメント : ドライバーを正面から撮りたい、それもレッドブルカラーのブラックで。背景も余計なものが映らずブラックになるところを探していました。フレーミング的にはピタリのところがありましたが、フォトコン結果は予選通過止まり。
SUPER FORMULA 2021 (富士スピードウェイ GRスープラコーナー)
キヤノン EOS R6 EF500mm F4L IS II USM + 1.4x III 露出Mモード (1/2000秒 F9) ISO1500

「Tail to nose」 2021第6戦 落選作品

コメント : 決勝の終盤、陽が傾くといい光が入ることから、ここは富士の定番スポットになっています。あえてそこで挑戦して、見事に散りました。写真的にもうひと工夫が足りない分を、現像レタッチでカバーしようと無理しすぎたのかも、と勝手に反省をしています。
SUPER GT 2021第2戦 (富士スピードウェイ GRスープラコーナー)
キヤノン EOS R5 EF500mm F4L IS II USM シャッター優先Tvモード (1/3200秒 F4) −2/3補正 ISO500

「雨中の激走」2021年第5戦 1位獲得作品

コメント : 同じこの日に撮影した2枚の作品が、今シーズン第4戦と第5戦で連続1位獲得となりました。2枚とも「雨のレースになったらこんな作品を撮ろう」と以前から温めていたイメージです。特にこの第5戦の優勝作品は、シャッタースピードを変えながら雨しぶきの表現をいろいろ変えて撮影しました。マシンのカラーもうまく合い今シーズンのベストショットだと思っています。
SUPER FORMULA 第4戦 (スポーツランドSUGO SPコーナー)
キヤノン EOS R5 EF500mm F4L IS II USM シャッター優先Tvモード (1/250秒 F6.3) −2/3補正 ISO100

CAPA「流し撮りGP2022」は2022年3月より開始!

CAPAのモータースポーツフォトコン「流し撮りGP 2022」は2022年3月よりエントリーを受け付け予定です。来シーズンの開幕まで、もうしばらくお待ちください。

流し撮りGP審査委員長は、写真家の小林稔さん (日本レース写真家協会 [JRPA] 会長)。流し撮り作品の迫力や撮影技術など、写真の総合力を評価・審査します。
https://capa.getnavi.jp/info/capaph/2/