ニュース

7万円台で買える開放F0.95の大口径レンズ「LAOWA Argus CF 33mm F0.95 APO」にキヤノンEF-Mマウントが追加

サイトロンジャパンが、LAOWA (ラオワ) の大口径単焦点レンズ「LAOWA Argus CF 33mm F0.95 APO」キヤノンEF-Mマウントを2021年12月24日に発売する。価格はオープンで、参考価格は73,700円 (税込)。

LAOWA Argus CF 33mm F0.95 APO EF-M

 

「LAOWA Argus CF 33mm F0.95 APO」は、APS-Cミラーレスカメラに対応する開放値F0.95のMFレンズ。APO設計を採用することで色収差を補正し、クリアな画質が得られる。また、インナーフォーカス機構の採用により、フォーカシング時に画角が変化するブリージングも抑制。動画撮影にも適している。

LAOWA Argus CF 33mm F0.95 APO EF-M

 

キヤノンRF、ソニーE、ニコンZ、富士フイルムXマウントも発売中。詳しくはこちら。
https://capa.getnavi.jp/news/374125/

<作例>

LAOWA Argus CF 33mm F0.95 APO

LAOWA Argus CF 33mm F0.95 APO

LAOWA Argus CF 33mm F0.95 APO 主な仕様

マウント キヤノンRF、キヤノンEF-M、ソニーE、ニコンZ、富士フイルムX
フォーマット APS-C
フォーカス マニュアルフォーカス (MF)
焦点距離 33mm
絞り F0.95〜F11
レンズ構成 9群14枚 (非球面レンズ1枚、EDレンズ1枚、高屈折レンズ3枚)
画角 46.2°
絞り羽根枚数 9枚
最短撮影距離 35cm
最大撮影倍率 0.125倍
フィルター径 φ62mm
最大径×長さ φ71.5×83mm (マウントにより異なる)
質量 約590g (マウントにより異なる)