ニュース

写真家アンディ・チャオが魅せる染谷有香の5年ぶりの写真集『This is the biginning』発売中

染谷有香の5年ぶりの写真集『This is the biginning』が発売中だ。カメラマンは本人の切望で、写真家のアンディ・チャオが担当した。

2019年に週刊FLASHにてヌードを披露して以降、話題となっている染谷。発売直後から売り切れ書店が続出した話題の本書。

撮影の舞台は、沖縄の無人島、廃墟、歓楽街などで行われた。

魂の鼓動が誌面から聞こえてくるような、全160pの大ボリュームの“熱作”だ。

染谷有香コメント
嬉しすぎる反響に胸が驚き、応援して下さっている皆さまのお陰でとても素敵なスタートを迎えられた事に心より感謝しております。どこまでも、末長く愛していただける一冊となります様に…♡

 

染谷有香(そめやゆか)プロフィール

’92年1月17日生まれ。千葉県出身。圧倒的なスタイルを武器に「リアル峰不二子」「霊長類最強グラドル」と呼ばれた。’19年に本誌の月いち連載「染まるシリーズ」にて復帰し、ヘアヌードを披露した。

 

この投稿をInstagramで見る

 

染谷有香🥃(@someyuka_0117)がシェアした投稿

アンディ・チャオ プロフィール

シンガポール出身。2000年に日本に移し、主に広告写真やファッション雑誌などの分野で活動。浜崎あゆみをはじめとするアーティストのアルバムカバー、トム・ハンクス、北野武、ファレル・ウィリアムス、シンディ・ローパー、パティ・スミスなど世界的な著名人のポートレイトを撮影するなど、活躍は多岐にわたる。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ND CHOW(@ndchow75)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

ND CHOW(@ndchow75)がシェアした投稿

書籍情報

染谷有香写真集『This is the beginning』
定価3,300円(税込)
光文社刊