ニュース

開放F4固定、解像力の高い5倍標準ズームレンズ「NIKKOR Z 24-120mm f/4 S」

ニコンイメージングジャパンは、ニコンZマウントの5倍標準ズームレンズ「NIKKOR Z 24-120mm f/4 S」を2022年2月に発売する。希望小売価格は154,000円 (税込)。

NIKKOR Z 24-120mm f/4 S

■光学性能

ハイレベルな光学性能を追求したS-Lineに属するレンズで、幅広い焦点距離を開放F値4固定でカバーする。ED非球面レンズ1枚とEDレンズ3枚、非球面レンズ3枚を含む13群16枚構成。ピント面前後の色にじみや諸収差を抑制し、絞り開放から高い解像力を発揮する。

NIKKOR Z 24-120mm f/4 S

 

描写力は一眼レフ用の「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」を上回るものとなっている。最短撮影距離はズーム全域0.35m、最大撮影倍率0.39倍、フィルター径は77mm。コーティングは、斜めからの入射光に有効な「ナノクリスタルコート」、垂直に入射する光に有効な「アルネオコート」を採用し、逆光時のフレアやゴーストを抑制する。

■AF性能

AF駆動にはSTM (ステッピングモーター) を採用し、静粛で高速・高精度なAFを実現する。複数のAF駆動ユニットを連携させ、フォーカス群の位置を厳密に制御する「マルチフォーカス方式」により、至近距離の撮影でも軸上色収差を抑制し、高い結像性能を発揮する。

■操作性

コントロールリング、ズームリング、独立したフォーカスリングなどにより、スムーズな操作が可能。コントロールリングやL-Fnボタンには、機能を割り当てることができる。静止画撮影だけでなく動画撮影でも高い操作性を追求しており、クリックレスのコントロールリングで操作音を抑制し、駆動音や操作音を気にせずに撮影できる。フォーカスブリージング (ピント移動による画角変動) にも配慮した設計となっている。

NIKKOR Z 24-120mm f/4 S

質量はクラス最軽量の約630gを実現。軽量で耐久性に優れたアルミ合金マウントの採用も軽量化に貢献している。

■防塵・防滴・防汚性能

鏡筒の随所にホコリや水滴の侵入を防ぐシーリングを施し、マウント部にはマウントゴムリングを採用して、高い防塵・防滴性能を実現する。レンズ最前面にはフッ素コートを採用し、汚れが付着しにくく、簡単に拭き取りができる。

NIKKOR Z 24-120mm f/4 S 主な仕様

マウント ニコンZマウント
焦点距離 24〜120mm
開放絞り F4
最小絞り F22
レンズ構成 13群16枚 (EDレンズ3枚、ED非球面レンズ1枚、非球面レンズ3枚)
画角 84°〜20°20′ (撮像範囲FX)、61°〜13°20′ (撮像範囲DX)
絞り羽根枚数 9枚 (円形絞り)
最短撮影距離 撮像面から0.35m (ズーム全域)
最大撮影倍率 0.39倍
フィルター径 φ77mm
最大径×長さ 約φ84×118mm
質量 約630g
付属品 レンズキャップ77mm LC-77B (スプリング式)、裏ぶた LF-N1、バヨネットフード HB-102、レンズケース CL-C2