ニュース

待ってました! ニコンZレンズ初の超望遠ズーム「NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S」

ニコンイメージングジャパンは、ニコンZマウント初の超望遠ズームレンズ「NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S」を2022年2月に発売する。希望小売価格は385,000円 (税込)。

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S
三脚座装着時

■S-Lineならではの高い光学性能

ハイレベルな光学性能を追求したS-Lineに属するレンズ。レンズ構成は、EDレンズ6枚とスーパーEDレンズ2枚を含む20群25枚構成。色にじみや色づきを徹底的に抑え、絞り開放から極めて高い解像性能を発揮する。

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S

 

ニコン独自の反射防止コーティング技術「ナノクリスタルコート」と「アルネオコート」を採用し、フレアやゴーストを低減している。最短撮影距離は広角端0.75m、望遠端0.98m。最大撮影倍率は広角端0.16倍、望遠端0.38倍。フィルターサイズは77mmとなっている。

■ズーミング時の重心位置を一定に保つ

「重心移動レス機構」により、ズーミングによる重心移動を抑える。ズームリングの回転角はクラス最小で、レンズを持ち直すことなくズーム操作が可能だ。さらに、鳥や車など9種類の被写体検出が可能な「Z 9」のAFと組み合わせると、動く被写体にも高精度にピント合わせができる。

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S
「Z 9」装着例 (撮影 : 青柳敏史)

■手ブレ補正5.5段

手ブレ補正VR機構を内蔵し、最大5.5段分の補正効果を発揮する。「Z 9」との組み合わせでは、ボディ内5軸手ブレ補正とレンズ内の2軸手ブレ補正を連動させるシンクロVR機能により、手ブレ補正効果をさらに高めることができる。

■AF性能

STM (ステッピングモーター) を採用し、静粛で高速・高精度なAFを実現。複数のAF駆動ユニットを連携させ、フォーカス群の位置を厳密に制御する「マルチフォーカス方式」により、至近距離の撮影でも収差の少ない優れた解像力を発揮する。動画撮影時のフォーカスブリージング (ピント移動による画角変動) も抑制する。

■防塵・防滴・防汚性能

鏡筒の随所にホコリや水滴の侵入を防ぐシーリングを施し、マウント部にはマウントゴムリングを採用して、高い防塵・防滴性能を確保。レンズ最前面には汚れが付着しにくいフッ素コートを施しており、付着した場合も簡単に拭き取りができる。

■テレコン装着で焦点距離を拡大

テレコンバーター「Z TELECONVERTER TC-1.4x」「Z TELECONVERTER TC-2.0x」に対応しており、望遠側の焦点距離をそれぞれ560mm、800mmまで拡大できる。テレコンバーター装着時も高い解像感を維持する。

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S 主な仕様

マウント ニコンZマウント
焦点距離 100〜400mm
開放絞り F4.5 (焦点距離100mm)、F5.6 (焦点距離400mm)
最小絞り F32 (焦点距離100mm)、F40 (焦点距離400mm)
レンズ構成 20群25枚 (EDレンズ6枚、スーパーEDレンズ2枚)
画角 24°20′〜6°10′ (撮像範囲FX)、16°〜4° (撮像範囲DX)
絞り羽根枚数 9枚 (円形絞り)
最短撮影距離 0.75m (焦点距離100mm)、0.78m (焦点距離135mm)、0.8m (焦点距離200mm)、0.87m (焦点距離300mm)、0.98m (焦点距離400mm)
最大撮影倍率 0.38倍
フィルター径 φ77mm
最大径×長さ 約φ98×222mm
質量 約1355g (三脚座なし)、約1435g (三脚座を含む)
付属品 レンズキャップ LC-77B (フロントキャップ)、裏ぶた LF-N1、レンズフード HB-103、レンズケース CL-C3