ニュース

16.6倍の高倍率ズームレンズ「タムロン 18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD」Xマウントが10月に発売

タムロンは、「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD」の富士フイルムXマウント用を2021年10月28日に発売する。APS-Cミラーレスカメラ対応の高倍率ズームレンズで、2021年7月21日に開発が発表され、9月24日にソニーEマウント用が発売されている。希望小売価格は96,800円 (税込)。

18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD Xマウント

なお、今後の新型コロナウイルス感染症の影響により、発売時期見直しの可能性があるとしている。また、すでに予想を上回る予約があり、一部に供給遅れが発生する可能性も予告されている。

■ズーム比16.6倍

35mm判換算で27〜450mm相当の焦点距離をカバー。APS-Cミラーレスカメラ対応のズームレンズとして、世界初となる16.6倍のズーム比を実現。広い焦点レンジを最大限に生かすことで、さまざまなシーンの撮影が可能となる。

■光学性能

レンズ構成は、複合非球面レンズ3枚とLD (Low Dispersion=異常低分散) レンズ4枚を含む15群19枚構成。レンズの諸収差を効果的に抑制し、APS-Cミラーレスカメラ対応の高倍率ズームレンズとして、クラストップレベルの高画質を実現する。

広角端18mmでは最短撮影距離0.15m、最大撮影倍率1:2のハーフマクロとなっており、望遠端300mmでは最短撮影距離0.99m、最大撮影倍率1:4のクォーターマクロとなる。絞り羽根は7枚羽根の円形絞りを採用する。

■手ブレ補正機構

タムロン独自の手ブレ補正機構VCを搭載し、室内や夜景などの低照度下で発生しやすい手ブレを効果的に抑制する。また、AI (人工知能) テクノロジーの活用により、70mm以下の焦点距離では動画撮影に配慮した補正効果を得ることができる。

■高速・高精度AF

独自のリニアモーターフォーカス機構VXDの搭載により、全焦点域でストレスのないフォーカシングが可能となっている。動体へのフォーカス追従性・静粛性にも優れ、高倍率ズームレンズとしてクラス最高レベルのAF速度と精度を実現する。

■操作性

フィルター径は、タムロンのミラーレス用レンズシリーズの多くと共通するφ67mmを採用する。また、簡易防滴構造を採用し、防汚コート、ズームロックスイッチ機構も備える。

TAMRON 18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD 主な仕様

モデル名 B061
マウント ソニーEマウント、富士フイルムXマウント
焦点距離 18〜300mm (35mm判換算 27〜450mm相当)
開放絞り F3.5-6.3
最小絞り F22-40
レンズ構成 15群19枚
画角 (対角) 77°24’〜5°30’
絞り羽根枚数 7枚 (円形絞り)
最短撮影距離 0.15m (WIDE) / 0.99m (TELE)
最大撮影倍率 1:2 (WIDE) / 1:4 (TELE)
フィルター径 φ67mm
最大径×長さ ソニー用 φ75.5×125.6mm / 富士フイルム用 φ75.5×125.8mm
質量 620g
付属品 花型フード、レンズキャップ