ニュース

等倍撮影が可能な1万円台のAPS-Cマクロレンズ「TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C」

焦点工房は、銘匠光学の標準マクロレンズ「TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C」を2021年10月5日に発売した。

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C

 

APS-Cフォーマット対応のマクロレンズで、マウントはソニーE、富士フイルムX、マイクロフォーサーズの3種。カラーはブラックのみ。希望小売価格はいずれも16,500円 (税込)。

■光学性能

特殊低分散レンズ2枚、高屈折低分散レンズ3枚を含む7群8枚構成で、画面全体の収差を補正して微細なディテールを再現する。最短撮影距離は17cmで、等倍撮影が可能だ。

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C

 

画角は、35mm判換算でソニーマウントと富士フイルムXマウントが60mm相当、マイクロフォーサーズは80mm相当となっている。絞り羽根は11枚、フィルター径は52mmだ。

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C
装着例

■操作性

外装は質感の高い金属鏡筒を採用し、心地よい操作感を実現する。なお、使用時には、カメラメニューの「レンズなしレリーズ」をONにする必要がある。

<作例>

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C

銘匠光学 TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C 主な仕様

マウント ソニーE、富士フイルムX、マイクロフォーサーズ
焦点距離 40mm (35mm判換算 : ソニーE / 富士フイルムX 60mm相当、マイクロフォーサーズ 80mm相当)
対応撮像画面サイズ APS-C
フォーカス MF (マニュアルフォーカス)
絞り F2.8〜F16
レンズ構成 7群8枚 (特殊低分散レンズ2枚、高屈折低分散レンズ3枚)
絞り羽根枚数 11枚
最短撮影距離 0.17m
フィルター径 φ52mm
最大径×長さ φ62×74mm (マウント部を除く)
質量 約370g