ニュース

手持ちで使える小型軽量の超望遠ズームレンズ「キヤノン RF100-400mm F5.6-8 IS USM」

キヤノンは、超望遠ズームレンズ「RF100-400mm F5.6-8 IS USM」を2021年10月下旬に発売する。価格はオープンで、参考価格は90,500円 (税込)。

<2021.10.15> 発売日が2021年10月28日に決定。

RF100-400mm F5.6-8 IS USM

普及価格帯の望遠ズーム「EF70-300mm F4-5.6 IS II USM」の望遠域を100mm拡張した400mmにすることで、多様な撮影ニーズに対応する。

■光学性能

UDレンズと非球面レンズを各1枚ずつ含む9群12枚構成で、色収差をズーム全域で抑制し、色にじみの少ない鮮明な描写を実現する。

RF100-400mm F5.6-8 IS USM

 

最短撮影距離は0.88m (焦点距離200mm時)、フィルター径は67mm。「EXTENDER RF1.4x / RF2x」に対応しており、「RF2x」装着時は最大800mmの超望遠撮影を手軽に楽しむことができる。

RF100-400mm F5.6-8 IS USM
2021年9月14日に開催されたオンライン新製品発表会より。被写体に近づいて、大きなボケを生かした撮影も可能だ。

■AF性能

超音波モーター「ナノUSM」により、静止画撮影では高速・高精度なAFを実現。動画撮影時にも滑らかな AF撮影が可能となっている。「EOS R5」装着時は、ズーム全域で縦横とも最大約100%の測距エリアでAF撮影が可能だ。

■手持ちで超望遠撮影が楽しめる

400mmクラスの超望遠ズームレンズながら、全長約164.7mm、質量約635gの小型・軽量化を実現。カメラ内の手ブレ補正機構と協調制御することにより、「EOS R5」装着時には静止画撮影時に6.0段の手ブレ補正効果を発揮する。ボディ内手ブレ補正機構を搭載していない「EOS R」装着時でも5.5段の手ブレ補正効果が得られる。

RF100-400mm F5.6-8 IS USM

RF100-400mm F5.6-8 IS USM
オンライン新製品発表会より。

RF100-400mm F5.6-8 IS USM

アクセサリー

レンズフードは別売となっている。「ET-74B」(税込 5,280円) が装着可能。

Canon RF100-400mm F5.6-8 IS USM 主な仕様

マウント キヤノンRFマウント
焦点距離 100〜400mm
開放絞り F5.6 (100mm時)、F8 (400mm時)
最小絞り F32 (100mm時)、F45 (400mm時)
レンズ構成 9群12枚
画角 水平 20°00′~5°10′、垂直 14°00′~3°30′、対角線 24°00′~6°10′
絞り羽根枚数 9枚
最短撮影距離 0.88m (200mm時)
最大撮影倍率 0.41倍 (400mm時)
フィルター径 φ67mm
最大径×長さ 約φ79.5×164.7mm
質量 約635g