ニュース

“007”をモチーフにした特別モデル「ライカ Q2 “007 Edition”」世界250台限定発売

ライカカメラが、映画『007 / ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開を記念した世界限定250台のコラボレーションモデル「ライカ Q2 “007 Edition”」を2021年9月23日に発売します。価格は1,100,000円 (税込)。ライカストアおよびライカオンラインストアにて販売されます。

ライカ Q2 “007 Edition”

ジェームズ・ボンドの活躍を描くスパイアクション映画「007」シリーズ。その第25作目となる最新作『007 / ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、2021年9月にイギリスにて先行公開後、日本でも10月1日に公開予定です。映画内にはフルサイズコンパクトデジタルカメラ「ライカ Q2」が小道具として登場しますので、鑑賞時にぜひ探してみてください。

「ライカ Q2 “007 Edition”」は、「ライカ Q2」にオーシャングリーンカラーのレザーをまとわせ、トップカバーに“007”のロゴ、レンズキャップにガンバレル (銃口) のモチーフを配置。映画の主人公 ジェームズ・ボンドを思わせる、控えめでエレガンスな逸品となっています。

ライカ Q2 “007 Edition”
トップカバーにさりげなく“007”のロゴが。
ライカ Q2 “007 Edition”
レンズキャップにあしらわれたガンバレルのモチーフは、「007」シリーズのオープニングでもおなじみです。

また、シリアルナンバーが1台ごとに刻印されており、コレクターズアイテムとしての価値も高まること間違いなしです。

ライカ Q2 “007 Edition”

「ライカ Q2 “007 Edition”」には、グローブ・トロッターの特別仕様ケースもセットになっています。グローブ・トロッターは、イギリスのラグジュアリーなスーツケースのブランド。映画本編に登場するグローブ・トロッター限定コレクションから着想を得たもので、カメラと同じオーシャングリーンカラーのレザーを採用しています。

ライカ Q2 “007 Edition”

 

製品の性能は通常モデルの「ライカ Q2」と同様です。「ライカ Q2」のタッチ&トライレポートはこちら。
https://capa.getnavi.jp/news/289631/

映画の舞台裏を捉えた写真展も開催

映画『007 / ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開記念写真展「No Time to Die − Behind the Scenes」も世界各地で開催。ライカのカメラで撮影した、製作の舞台裏が展示されます。日本での展示は、2021年9月24日~2022年1月25日にライカプロフェッショナルストア東京、2021年11月3日~2022年1月11日にライカ大丸心斎橋店にて。

写真展「No Time to Die − Behind the Scenes」
© Greg Williams: Daniel Craig on the Cuba set, Pinewood Studios. NO TIME TO DIE
© Danjaq and MGM. NO TIME TO DIE, 007 and related James Bond Indicia
© 1962-2021 Danjaq and MGM. NO TIME TO DIE, 007 and realated James Bond Trademarks are trademarks of Danjaq. All Rights Reserved.

 

〈文〉佐藤陽子