ニュース

大幅に小型・軽量化したGFXシリーズ用ズームレンズ「GF35-70mmF4.5-5.6 WR」

富士フイルムは、ラージフォーマットミラーレスカメラGFXシリーズ用のズームレンズ「フジノンレンズ GF35-70mmF4.5-5.6 WR」を2021年11月に発売する。希望小売価格は146,300円 (税込)。

GF35-70mmF4.5-5.6 WR

 

35mm判換算で28〜55mm相当の焦点距離をカバーし、GFレンズのズームレンズとしては最小・最軽量のコンパクトさを実現。質量・サイズと画質のベストバランスを追求した光学設計となっており、「GFX50S II」のキットレンズとしても発売される。

GFX50S II
GFX50S II 装着例

■小型・軽量化

沈胴構造を採用し、「GF63mmF2.8 R WR」とほぼ同等サイズを実現する。沈胴時の長さは約73.9mmで携帯性に優れ、軽快な撮影を可能にする。軽量化のためにレンズマウントにアルミを採用しており、絞りリングを省略。さらにAF駆動をSTM (ステッピングモーター) にすることで、質量約390gを達成した。質量は「GF32-64mmF4 R LM WR」(約875g) の半分以下で、「GFX50S II」との組み合わせでも総質量1300gを切る軽量システムを実現する。

GF35-70mmF4.5-5.6 WR
左から沈胴時、繰出時 (広角端)、繰出時 (望遠端)

■光学性能

レンズ構成は非球面レンズ1枚、EDレンズ2枚を含む9群11枚構成。画面中心部では「GF32-64mmF4 R LM WR」と同等の解像性能を備える。広角端の周辺部でもF8まで絞ることで同等の解像性能となる。最短撮影距離はズーム全域で35cm。レンズ先端から最短約25cmの近接撮影が可能だ。フィルター径はφ62mm。

■AF性能

小型で軽量なフォーカスレンズをステッピングモーターで駆動させるインナーフォーカス方式を採用する。「GFX100S」の位相差AFとの組み合わせでは、最短約0.13秒の高速・高精度AFを実現。顔・瞳検出AF機能にも対応する。フォーカシングの動作音が低減されており、ピント位置の変化によって画角が変わるブリージングも低く抑えられているなど、動画撮影にも適したレンズとなっている。

■防塵・防滴・耐低温構造

鏡筒の9か所にシーリングを施した防塵・防滴・−10℃の耐低温構造となっており、過酷な撮影環境にも対応する。

フジノンレンズ GF35-70mmF4.5-5.6 WR 主な仕様

マウント 富士フイルムGマウント
焦点距離 35〜70mm (35mm判換算 28〜55mm)
開放絞り F4.5〜5.6
最小絞り F32
レンズ構成 9群11枚 (非球面レンズ1枚、EDレンズ2枚)
画角 76°〜42.7°
絞り羽根枚数 9枚 (円形絞り)
最短撮影距離 35cm
最大撮影倍率 0.28倍 (T端)
フィルター径 φ62mm
最大径×長さ φ84.9×73.9mm (沈胴時)
質量 約390g
付属品 レンズキャップ FLCP-62、レンズリアキャップ RLCP-002、レンズフード、レンズポーチ