ニュース

小さなボディにフラッグシップの性能を搭載したミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T30 II」

富士フイルムは、APS-Cセンサー搭載のミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T30 II」を2021年11月に発売する。ボディカラーはシルバーのみで、価格はオープン。予想価格はボディ単体が108,900円、「XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ」をセットにしたレンズキットが121,000円 (いずれも税込)。

FUJIFILM X-T30 II

 

従来モデル「X-T30」の小型軽量ボディはそのままに、ソフトウェアを刷新。約2610万画素の「X-Trans CMOS 4センサー」と高速画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載し、フラッグシップモデル「X-T4」と同等の高画質や高速・高精度AFを実現する。

■最短約0.02秒の高速・高精度AF

Xシリーズのフラグシップモデル「X-T4」と同等の最短約0.02秒の高速・高精度AFを実現。像面位相差画素を全面 (約100%) に配置したことで、画面中央から離れた位置にある被写体でも素早く正確に捉えることができるようになった。動体追従AFの性能も向上。カメラから離れていく被写体を捉え続けることができる。顔・瞳AF機能も搭載し、ポートレート撮影では動く人物を正確に追従する。

また、暗闇に近い−7.0EVの低照度環境下でもAFが可能。夜景や光量の少ない屋内でも、高精度にピントを合わせることができる。

■18種類のフィルムシミュレーション

カラーネガフィルムをもとに画質設計した「クラシックネガ」をはじめ、「銀残し」や「ETERNA ブリーチバイパス」など、18種類の「フィルムシミュレーション」を搭載。写真フィルムを選ぶ感覚で色表現を楽しむことができる。

■操作性

シャッタースピードダイヤル下に設けられた「オートモード切換レバー」をAUTOに切り替えるだけで、フルオート撮影が可能。AUTO時でも「フィルムシミュレーション」の設定ができる。

FUJIFILM X-T30 II

 

背面には、約162万ドットの3.0型チルト式タッチパネル液晶モニターを搭載する。

FUJIFILM X-T30 II

FUJIFILM X-T30 II

FUJIFILM X-T30 II

■動画撮影機能

4K映像を6K相当のデータから生成することで、ノイズの少ない高解像な映像を実現。フルHD/240pのハイスピード動画撮影も可能で、最大10倍のスローモーション映像を再生できる。また、4K/30p 4:2:0 8bitで撮影した動画をSDカードに記録することができ、HDMI出力時は4K/30p 4:2:2 10bitに対応する。

レンズキット

電動ズーム機能を備えた標準ズームレンズ「XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ」が付属。レンズのカラーはブラックとなる。

FUJIFILM X-T30 II

FUJIFILM X-T30 II 主な仕様

カラー シルバー
有効画素数 約2610万画素
撮像素子 23.5×15.6mm (APS-Cサイズ) X-Trans CMOS 4センサー
マウント 富士フイルムXマウント
ISO感度 ISO 160~12800 (拡張 ISO 80 / 100 / 125 / 25600 / 51200)
シャッター速度 4〜1/4000秒 (メカシャッター Pモード時)
ファインダー 0.39型 約236万ドット 有機ELファインダー (倍率 0.62倍)
画像モニター 3.0型 約162万ドット チルト式タッチパネル付きTFTカラー液晶モニター
記録媒体 SD/SDHC/SDXCメモリーカード (UHS-I対応)
大きさ (幅×高さ×奥行き) 118.4×82.8×46.8mm (最薄部 31.9mm)
質量 約329g (本体のみ) / 約378g (バッテリー、メモリーカードを含む)
付属品 充電式バッテリー NP-W126S (リチウムイオンタイプ)、専用USBケーブル、ショルダーストラップ、ボディーキャップ