ニュース

カメラの進化に対応する大口径標準ズームレンズ「HD PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED PLM AW」正式発表

リコーイメージングは、APS-Cデジタル一眼レフカメラ用の大口径標準ズームレンズ「HD PENTAX-DA16-50mmF2.8ED PLM AW」を2021年8月下旬に発売する。希望小売価格は215,000円 (税別)。レンズフード、ケースが付属する。

HD PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED PLM AW
フード装着時

 

「HD PENTAX-DA16-50mmF2.8ED PLM AW」は、2021年2月25日に開発が発表され、年内の発売が予告されていた開放F値2.8固定の大口径標準ズームレンズ。カメラのさらなる進化を見据え、より高画質と高速・高精度なオートフォーカスを追求した、新世代の「★ (スター)」レンズだ。35mm判換算で24.5~76.5mm相当をカバーし、「PENTAX K-3 Mark III」の常用レンズとしても最適なレンズとなっている。

HD PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED PLM AW

■光学性能

10群16枚のレンズ構成にはEDガラス1枚、EDガラス非球面レンズ2枚、異常低分散ガラス1枚を採用してズーム全域の色収差を効果的に抑制。また、可視光域における平均反射率を従来比で約50%以下に抑えた高性能マルチコーティング「HDコーティング」を併用し、ゴーストやフレアの発生を効果的に抑制する。

また、点光源撮影時の光芒を抑え、広角側で開放からF5.6、望遠側で開放からF8.0まで柔らかなボケが得られる9枚の円形絞りを採用。最短撮影距離は0.3m、最大撮影倍率は0.24倍を実現した。絞り開放から高いコントラストと解像性能が得られ、なだらかにぼけていくボケ味の美しさや、立体感のある描写を楽しめる。

■AF性能

大口径レンズで初めてPLM (Pulse Motor = パルスモーター) を採用した。フォーカスレンズ群の小型軽量化とPLMにより、高速で静粛性にも優れた滑らかなオートフォーカスを実現する。「PENTAX K-3 Mark III」「PENTAX KP」「PENTAX K-70」との組み合わせでは、滑らかなピント追従と露出制御をしつつ、動画撮影時もフォーカス駆動音や絞り動作音が入りにくい。

また、AFモードでシャッターボタンを半押ししたまま切り替え操作なしにマニュアルでのピント合わせが常時可能な「クイックシフト・フォーカス・システム (Quick-Shift Focus System)」を搭載。MF時には、最短から無限遠まで快適に操作できる操出量とトルク感を実現するなど、マニュアルフォーカスの操作性にもこだわりのチューニングが施されている。

■電磁絞り機構

絞り機構には、高精度な制御が可能な電磁絞りを採用する。「PENTAX K-3 Mark III」をはじめ、「PENTAX KP」「PENTAX K-70」「K-1 Mark II」などのKAF4マウントを採用するデジタル一眼レフカメラと組み合わせることで、高精度な露出制御を実現。なお、フルサイズの「PENTAX K-1 Mark II」「PENTAX K-1」に装着時は、クロップモードでの撮影となる。

HD PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED PLM AW
PENTAX K-3 Mark III 装着時

■防塵・防滴構造

レンズ内部に水滴や埃などが入りにくい「AW (All Weather = オールウェザー) 」構造を採用。防塵・防滴構造のデジタル一眼レフボディと組み合わせることで、雨天や霧の中、水しぶきのかかる場所などでの耐久性・信頼性を確保する。レンズ前面には、汚れに強いSP (Super Protect = スーパープロテクト) コーティングが施されている。

HD PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED PLM AW

HD PENTAX-DA16-50mmF2.8ED PLM AW 主な仕様

マウント ペンタックスKマウント (KAF4)
焦点距離 16〜50mm (35mm判換算 24.5〜76.5mm相当)
開放絞り F2.8
最小絞り F22
レンズ構成 10群16枚
画角 (対角) 83〜31.5° (ペンタックスAPS-Cサイズ一眼レフカメラ装着時)
絞り羽根枚数 9枚 (円形絞り)
最短撮影距離 0.3m
最大撮影倍率 0.24倍
フィルター径 φ77mm
最大径×長さ 約φ84×117mm
質量 約712g (フード装着時 約750g)
付属品 レンズフード PH-RBN77、レンズキャップ O-LC77、レンズマウントキャップK、レンズケース S120-150