ニュース

キヤノン「RF100mm F2.8 L MACRO IS USM」「RF400mm F2.8 L IS USM」「RF600mm F4 L IS USM」の発売日決定

キヤノンRFマウントの単焦点レンズ3本「RF100mm F2.8 L MACRO IS USM」「RF400mm F2.8 L IS USM」「RF600mm F4 L IS USM」が、2021年7月15日発売に決定した。

 

RF100mm F2.8 L MACRO IS USM

「RF100mm F2.8 L MACRO IS USM」は、最大撮影倍率1.4倍の中望遠マクロレンズ。「SAコントロールリング」で、フォーカス位置前後のボケ描写をコントロールできる。「EOS R5」装着時には、ボディ内手ブレ補正機構と協調して最大8.0段の手ブレ補正効果を発揮する。価格はオープンで、参考価格は181,500円 (税込)。詳しくはこちら。
https://capa.getnavi.jp/news/364785/

 

RF400mm F2.8 L IS USM、RF600mm F4 L IS USM

「RF400mm F2.8 L IS USM」と「RF600mm F4 L IS USM」は、「EF400mm F2.8L IS III USM」「EF600mm F4L IS III USM」の光学系を継承してRFマウント化した大口径超望遠レンズ。EFモデルと同等の画質やサイズを実現している。「EOS R5」「EOS R」装着時には5.5段の手ブレ補正効果を発揮する。価格はオープンで、参考価格は400mmが1,665,000円、600mmが1,810,000円 (いずれも税込)。詳しくはこちら。
https://capa.getnavi.jp/news/364816/

 

なお、3本とも予想を上回る注文があり、納品に時間がかかる場合があるとのことだ。