ニュース

ベストセラーレンズにAFを搭載したAPS-C用の小さな大口径超広角レンズ「SAMYANG AF 12mm F2 E」

ケンコー・トキナーは、SAMYANG (サムヤン) 初となるAPS-C用の大口径超広角AFレンズ「SAMYANG AF 12mm F2 E」を2021年6月25日に発売する。対応マウントはソニーEマウント。価格はオープンで、参考価格は52,800円 (税込)。

SAMYANG AF 12mm F2 E

 

SAMYANGのベストセラーレンズ「MF 12mm F2」にAF機能を搭載した、35mm判換算 18mm相当の超広角レンズ。開放F値はF2で、光量の少ない場所での撮影や、星景・夜景写真にも適している。

■光学性能

レンズ構成は10群12枚で、5枚の特殊レンズを採用して、画面の中心から周辺部まで優れた解像度を実現する。また、14層の特殊コーティングによりフレアやゴーストを低減。99.1°の広い画角を生かした星景撮影が楽しめる。フィルター径は62mm、最短撮影距離は0.19mだ。

■AF性能

最新のステッピングモーターを搭載し、より静かで正確なオートフォーカスを実現。動画撮影にも対応する。

■小型・軽量設計

携帯性に優れたコンパクトなレンズで、ジンバルとの相性もいい。ウェザーシーリングや後面保護ガラスにより、軽い雨やホコリなどから保護する。グリップにはマイクロパターンのラバーリングを採用し、使いやすさを追求した。

SAMYANG AF 12mm F2 E

SAMYANG AF 12mm F2 E 主な仕様

マウント ソニーEマウント
焦点距離 12mm (35mm判換算 18mm相当)
絞り F2.0〜F22
レンズ構成 10群12枚
画角 (対角) 99.1°
絞り羽根枚数 7枚
最短撮影距離 0.19m
最大撮影倍率 0.09倍
フィルター径 φ62mm
大きさ (最大径×長さ) φ70×59.2mm
質量 213g