ニュース

大型モニターを搭載した手のひらサイズの4Kジンバルカメラ「MOZA MOIN Camera」

ケンコー・トキナーは、Gudsen社の4Kジンバルカメラ「MOZA MOIN Camera」を2021年5月21日に発売する。3軸手ブレ補正機能、2.45インチの大型モニターと120°の超広角レンズを搭載する。価格はオープンで、参考価格は42,800円 (税込)。

<2021.5.13> 発売時期が2021年6月下旬に延期された。

MOZA MOIN Camera

■4K・HDR動画撮影に対応

「MOZA MOIN Camera」は、有効1200万画素の1/2.3インチCMOSセンサーを搭載し、4K/60pの動画撮影、4000×3000pixelの静止画撮影が可能。35mm判換算で14mm相当となる画角120°の超広角レンズで、迫力のある撮影ができる。HDR動画撮影も可能となっている。

MOZA MOIN Camera

■3軸手ブレ補正機能

手のひらサイズながら3軸手ブレ補正機能を搭載し、滑らかな撮影を実現する。

MOZA MOIN Camera

■大型モニター

タッチパネル式の2.45インチ大型モニターは、90°のチルト回転機能付きで、見やすい角度をキープすることができる。

MOZA MOIN Camera

■撮影モード

静止画撮影モードは写真 / パノラマ / タイムラプス / トラッキングタイムラプス / モーションタイムラプスの5種類、動画撮影モードは通常撮影 / スローモーション / タイムラプス撮影の3種類。フェイストラッキング、一人称視点のFPVモードなども搭載されている。スローモーションの撮影速度は、720p時4倍(120fps) と8倍 (240fps)、1080p時4倍 (120fps) と6倍 (200fps) となっている。

MOZA MOIN Camera

■その他の性能

本体の操作ボタンは電源ボタンと撮影ボタンの2つだけのシンプルな仕様となっている。バッテリーは、容量930mAhのリチウムイオン電池を内蔵し、USB Type-Cで充電が可能。90分の充電で、動作可能時間は145分だ。記録メディアはmicroSDカードを使用する。無線LANとBluetoothに対応する。

MOZA MOIN Camera

■専用アプリ「MOZA Artist」

専用アプリ「MOZA Artist」を使えば、スマホからのコントロールをはじめ、動画や写真の転送、編集作業が可能だ。

MOZA MOIN Camera

MOZA MOIN Camera MPC01 主な仕様

センサー 有効1200万画素 1/2.3インチ CMOSセンサー
レンズ 焦点距離14mm (35mm判換算)、F2.2、画角120°
ISO感度 ISO 100~3200
電子シャッター速度 8~1/8000秒
フォーマット 写真 JPG / JPG+DNG、動画 MP4 (MPEG-4 AVC / H.264)、音声 AAC ステレオ
操作可能範囲 パン-230°~+50°、ティルト-95°~+50°、ロール±45°
画像モニター 2.45インチ IPS液晶モニター (タッチパネル)
モニター可動範囲 第一軸 0~90°、第二軸 0~120°
入出力ポート microSDカードスロット、USB Type-Cポート
記録媒体 microSD (最大256GB / ビデオクラスV30以上推奨)
大きさ 129×37.8×32mm
重量 175g