ニュース

ボケ具合をコントロールできるキヤノンの中望遠マクロレンズ「RF100mm F2.8 L MACRO IS USM」

キヤノンは、描写性能や操作性、堅牢性などで最高水準を追求した「L (Luxury)」レンズシリーズの中望遠単焦点レンズ「RF100mm F2.8 L MACRO IS USM」を2021年7月下旬に発売する。価格はオープンで、キヤノンオンラインショップ直販価格は181,500円 (税込)。

RF100mm F2.8 L MACRO IS USM

RFレンズとして初めて、等倍以上のマクロ機能を搭載した本格的なマクロレンズで、最大撮影倍率1.4倍を実現する。ボケ描写を自由に変えられる「SAコントロールリング」を搭載。「EOS R5」装着時には、8.0段の手ブレ補正効果を実現する。

■等倍を超えるマクロ撮影を実現

RFマウントの特長であるショートバックフォーカスを生かして、フォーカスレンズ群とフローティングレンズ群の可動域を最大化。最大撮影倍率1.4倍、最短撮影距離0.26mのマクロ撮影が楽しめる。

RF100mm F2.8 L MACRO IS USM
左から撮影倍率0.5倍、1.0倍、1.4倍

■ボケ描写を変える「SAコントロールリング」搭載

球面収差を変化させることができる「SAコントロールリング」を搭載。リングを回転させることで、フォーカス位置の輪郭を柔らかくしたり、フォーカス位置の前後のボケを変化させることができる。

RF100mm F2.8 L MACRO IS USM
SAコントロールリング
RF100mm F2.8 L MACRO IS USM
SAコントロールリング : 中心
RF100mm F2.8 L MACRO IS USM
SAコントロールリングをマイナス (−) 側に回すと、フォーカス位置よりも後方のボケの輪郭が柔らかくなる。
RF100mm F2.8 L MACRO IS USM
SAコントロールリングをプラス (+) 側に回すと、フォーカス位置よりも後方のボケの輪郭が硬くなり、手前のボケの輪郭は柔らかくなる。

■光学設計

レンズ構成は新規光学設計による13群17枚で、画質劣化の原因となる諸収差を低減し、画面全域で高画質な描写が得られる。最前面には凹面レンズを採用し、至近撮影時の球面収差を抑制する。

RF100mm F2.8 L MACRO IS USM

■8.0段の手ブレ補正

「EOS R5」装着時には、ボディ内手ブレ補正機構と協調制御することで、静止画撮影時に8.0段の手ブレ補正効果を実現。動画撮影時にも高い手ブレ補正効果を発揮する。また、撮影倍率が大きくなるほど影響が大きいシフトブレを高精度に補正する「ハイブリッドIS」を搭載している。

RF100mm F2.8 L MACRO IS USM
ハイブリッドISを生かした手持ちによるマクロ撮影の作例。

アクセサリー

専用のリング式三脚座E (B) も2021年7月下旬発売予定。希望小売価格は22,000円 (税込)。

RF100mm F2.8 L MACRO IS USM
リング式三脚座E (B) 装着例。

Canon RF100mm F2.8 L MACRO IS USM 主な仕様

マウント キヤノンRFマウント
焦点距離 100mm
開放絞り F2.8
最小絞り F32
レンズ構成 13群17枚
画角 水平 20°00′、垂直 14°00′、対角線 24°00′
絞り羽根枚数 9枚
最短撮影距離 0.26m
最大撮影倍率 1.4倍
フィルター径 φ67mm
サイズ (最大径×長さ) 約φ81.5×148mm
質量 約730g