ニュース

海外で話題のお手軽・お手ごろフィルムカメラ「ILFORD SPRITE 35-II」が日本上陸

イルフォード・ジャパンは、気軽にアナログ写真を撮影できる35mmフィルムカメラ「ILFORD SPRITE (イルフォード スプライト) 35-II」の国内販売を2021年4月15日に開始した。カラーはシルバータイプとブラックタイプをラインナップ。価格はオープンで、参考価格は4,620円 (税込)。販売総代理店のジェットグラフを通じて販売する。

ILFORD SPRITE 35-II

 

イルフォードというと、フィルムや印画紙のメーカーとしてのイメージが強いが、実は1902年から1967年まで、さまざまなタイプのカメラを販売してきた。使いやすさと手ごろな価格で定評があったのが、1964年発売のプラスチック製35mmフィルムカメラ「ILFORD SPRITE 35」だ。「ILFORD SPRITE 35-II」はこの伝統を継承。気軽にフィルムでスナップを楽しみたい人にちょうどいいカメラとなっている。

ILFORD SPRITE 35-II
こちらは1964年発売の「ILFORD SPRITE 35」

イルフォードの新フィルムカメラということで海外でも話題となり、先行発売されたアメリカやオーストラリア、ヨーロッパでは品切れが続出したという。フィルムの人気が再燃してしばらくたつが、まだまだその勢いは続きそうだ。

ILFORD SPRITE 35-II
シルバータイプ

「ILFORD SPRITE 35-II」は重さわずか122gという超軽量。フィルム送り、巻き戻しは全て手動で行う。シャッタースピードや絞り、露出の操作は不要で、フィルムをセットしてシャッターボタンを押すだけで撮影することができる。この操作感は、レンズ付きフィルムのような手軽さだ。

ILFORD SPRITE 35-II
ブラックタイプ

シャッタースピードは1/120秒、絞りはF9固定なので、晴れた昼間の撮影にはISO200~800、曇りや屋内での撮影には内蔵フラッシュを使用のうえISO400~800フィルムの使用がおすすめとのこと。いろいろなフィルムを試して、お気に入りの描写を見つけてみよう。

ILFORD SPRITE 35-II 主な仕様

カラー シルバータイプ、ブラックタイプ
光学レンズ 31mm F9 (1枚構成)
撮影距離 1m~無限遠 (晴天屋外)、1~3m (フラッシュ使用時)
シャッタースピード 1/120秒
バッテリー 単4形アルカリ乾電池1本 (フラッシュ用)
フィルムフォーマット 135フィルム (ISO 400 / 800推奨)
ファインダー視野率 70%
素材 ABS樹脂 (カメラボディ)
サイズ W119×H67×D44mm
重量 122g
付属品 リストストラップ

 

〈文〉佐藤陽子