ニュース

価値観を一変させる高画質、究極を追求した準広角レンズ「APO-LANTHAR 35mm F2 Aspherical VM」

コシナは、フォクトレンダーの準広角レンズ「APO-LANTHAR 35mm F2 Aspherical VM」を2021年3月に発売する。フルサイズVMマウント専用設計で、諸収差を徹底的に排除し、フォクトレンダー史上最高性能を追求した。希望小売価格は120,000円 (税別)。

APO-LANTHAR 35mm F2 Aspherical VM

■価値観を一変させる光学性能

「APO-LANTHAR 35mm F2 Aspherical VM」は、フルサイズMマウントセンサーに最適化した、マニュアルフォーカスの準広角レンズ。異常部分分散ガラス5枚、両面非球面レンズ2枚を採用した9群11枚構成で、フローティング機構も搭載する。

アポクロマート設計により、軸上色収差をはじめとする各種の収差を徹底的に排除するとともに、解像力やコントラスト再現性に関しても究極の性能を追求し、35mm F2の価値観を一変させる性能となっている。また、12枚からなる絞り羽根は開放のF2だけでなくF2.8 / F5.6 / F16でも円形になる特殊形状を採用。点光源などの玉ボケを生かした表現が可能だ。

■距離計連動機構を搭載

標準レンズ「APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical VM」とほぼ同等のサイズ感を実現しており、究極の光学性能とコンパクトさを両立をした。また距離計連動式のデジタルカメラ、フィルムカメラでの使用を前提に設計された距離計連動機構を搭載。総金属製のヘリコイドリングによるシルキーな操作感覚とともに伝統的な光学式レンジファインダーを用いたピント合わせの醍醐味を味わうことができる。距離計に連動する最短撮影距離は0.7m (装着するカメラにより異なる) だが、さらにヘリコイドを繰り出して、0.5mまでの近接撮影が可能だ。

なお、マウントアダプターを介してソニーEマウント、富士フイルムXマウント、ニコンZマウントのデジタルカメラに装着することが可能だが、Mマウントカメラ用センサーに最適化していることから、これらのカメラでは本来の光学性能は発揮できないとしている。

■アクセサリー

金属製のバヨネット式フード「LH-13」(希望小売価格 税別10,000円) も発売中。

 

Voigtlander APO-LANTHAR 35mm F2 Aspherical VM 主な仕様

マウント VMマウント
焦点距離 35mm
レンズ構成 9群11枚
画角 63.6°
絞り羽根枚数 12枚
開放絞り F2
最小絞り F16
最短撮影距離 0.5m
口径比 1:2
フィルター径 φ49mm
サイズ (最大径×全長) φ55.6×58.1mm
重量 304g

 

 

〈文〉柴田 誠