ニュース

F0.95の大口径レンズに真っ赤な限定モデルが登場「TTArtisan 50mm f/0.95 ASPH “Red Limited Edition”」

焦点工房は、銘匠光学の大口径標準レンズ「TTArtisan 50mm f/0.95 ASPH “Red Limited Edition”(辛丑レッド)」の予約販売を2021年1月22日に開始した。2021年新春・丑年を記念した世界限定500本の特別モデルで、希望小売価格は120,000円 (税別)。3月より順次発送予定となっている。

TTArtisan 50mm f/0.95 ASPH “Red Limited Edition”

■スペシャル仕様

「TTArtisan 50mm f/0.95 ASPH “Red Limited Edition”」は、今年の干支である「辛丑 (かのとうし)」をテーマにしており、メタリックレッドの鏡筒に18金メッキのマウントを組み合わせたスペシャル仕様のマニュアルフォーカスレンズ。

TTArtisan 50mm f/0.95 ASPH “Red Limited Edition”

ライカMマウントで、レンズ構成は通常仕様の「TTArtisan 50mm f/0.95 ASPH」と同じものとなっているが、鏡筒の長さを約10mm短縮。フィルター径は5mm縮小して、通常モデルよりもコンパクトな設計を採用。

TTArtisan 50mm f/0.95 ASPH “Red Limited Edition”
Red Limited Editionと通常モデルのブラック、シルバー

また、レンズキャップもユニークな辛丑バージョンとなっている。

TTArtisan 50mm f/0.95 ASPH “Red Limited Edition”

■光学性能

非球面レンズ・EDレンズ・高屈折低分散レンズを採用した8群11枚構成で、開放F値0.95という驚異的な明るさを実現。光量の少ない場所での手持ち撮影や美しく大きなボケなど、超大口径レンズの特徴を生かした表現が可能だ。絞り羽根は14枚を採用し、最短撮影距離は0.7m。フィルター径は62mmとなっている。

<作例>

TTArtisan 50mm f/0.95 ASPH “Red Limited Edition”

銘匠光学 TTArtisan 50mm f/0.95 ASPH ステンレスシルバー ライカMマウント 主な仕様

マウント ライカMマウント
焦点距離 50mm
絞り F0.95〜F16
レンズ構成 8群11枚 (EDレンズ2枚、ASPH両面非球面レンズ1枚、高屈折低分散レンズ8枚)
絞り羽根枚数 14枚
最短撮影距離 0.7m
フィルター径 φ62mm
サイズ (最大径×長さ) φ72×73mm (マウント部を除く)
質量 約690g

 

 

〈文〉柴田 誠