ニュース

ぐいっと寄れる17mmからの4.1倍ズーム! 小型軽量の標準ズームレンズ「17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD」

タムロンは、APS-Cサイズのミラーレスカメラに対応する大口径標準ズームレンズ「17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD (Model B070)」を2021年1月14日に発売する。ソニーEマウント用レンズで、希望小売価格は98,000円 (税別)。花型フードが付属する。なお、今後の新型コロナウイルス感染症の影響により、発売時期見直しや供給が遅れる可能性があるとしている。

17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD (Model B070)

■ズーム比4.1倍のワイドレンジ

「17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD」は、APS-Cサイズミラーレス用としてタムロン初の大口径F2.8標準ズームレンズ。焦点距離は35mm換算25.5〜105mm相当で、ズーム比はAPS-Cサイズミラーレス用の大口径F2.8標準ズームで世界初の4.1倍となっている。また、手ブレ補正機構を搭載しながら、長さ119.3mm×最大径74.6mm、質量525gというコンパクトなボディを実現した。

■光学性能

レンズ構成は、2枚のGM (ガラスモールド非球面) レンズと1枚の複合非球面レンズを含む12群16枚構成。中心から周辺におよぶ画面全域において極めて高い解像性能を維持する。

17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD (Model B070)

最短撮影距離は、APS-Cサイズの標準ズームとして従来のスペックを大幅に上回る0.19mを実現。テレ端も0.39mという十分な近距離撮影性能を確保する。最小絞りはF22で、9枚の円形絞りを採用する。フィルター径は、フルサイズミラーレス用レンズシリーズと共通のφ67mmとなっている。

■AIを活用した手ブレ補正機構

タムロン独自の手ブレ補正機構 VC (Vibration Compensation) を搭載し、ボディ内手ブレ補正搭載・非搭載のどちらのカメラに装着しても補正効果を得ることができる。手ブレ補正機構とさらに進化したアルゴリズムを最適化して設計しており、独立した専用のMPUを搭載することで、高い補正効果を発揮する。

また、AI (人工知能) テクノロジーを活用して、手持ちでの動画撮影時の動き (モーション) に対するデータを学習させ、そのデータをレンズに搭載。これにより、従来のVC機構に比べて動画撮影により配慮した補正効果を得ることができる。

■カメラの主な機能に対応

ソニー製カメラに搭載されている「ファストハイブリッドAF」「瞳AF」など、各種カメラ機能に対応する。AF駆動には、静粛性に優れ動画撮影にも適したステッピングモーター RXD (Rapid eXtra-silent stepping Drive) を搭載。

■簡易防滴構造

屋外での撮影を考慮した簡易防滴構造や防汚コートを採用する。

 

TAMRON 17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD 主な仕様

モデル名 B070
マウント ソニーEマウント
焦点距離 17〜70mm (35mm換算 25.5〜105mm相当)
開放絞り F2.8
最小絞り F22
レンズ構成 12群16枚
画角 (対角) 79゜55′〜23゜00′ (APS-Cミラーレスカメラ装着時)
絞り羽根枚数 9枚 (円形絞り)
最短撮影距離 0.19m (W) / 0.39m (T)
最大撮影倍率 1:4.8 (W) / 1:5.2 (T)
フィルター径 φ67mm
サイズ (最大径×長さ) φ74.6×119.3mm
質量 525g
付属品 花型フード HA036、レンズキャップ

 

 

〈文〉柴田 誠