ニュース

手のひらサイズの耐衝撃SSDに「ファイナルファンタジーXIV」コラボモデルが登場

アイ・オー・データ機器は、「ファイナルファンタジーXIV」オリジナルのデザインを施したポータブルSSD「SSPH-UT500F」を2020年12月2日に発売する。容量500GBで、価格はオープン。スクウェア・エニックス e-STOREで予約受付中だ。e-STOREの販売価格は11,880円 (税込)。

SSPH-UT500F

 

「SSPH-UT500F」は、スクエアサイズのSSD「SSPH-UT」シリーズをベースに、スクウェア・エニックスのオンラインRPG 「ファイナルファンタジーXIV」のデザインを施したコラボモデル。本体に「ファイナルファンタジー」のロゴが施されており、「ファイナルファンタジーXIV」Windows版のプレイにおいて動作確認を受けた外付けSSDだ。「SSPH-UT500F」をパソコンに接続してゲームをインストールすると、ゲームのロードが高速化され、より快適にゲームを楽しむことができる。

もちろん通常のSSDとしての使用も可能で、122cmからの高さからの落下試験に合格した耐衝撃性を備え、ACアダプター不要のバスパワー駆動を実現。USB 3.2 Gen 1 (USB 3.0) 対応のインターフェイスを装備する。

「SSPH-UT」シリーズの詳細はこちら。
https://capa.getnavi.jp/news/293688/

 

 

I-O DATA SSPH-UT500F 主な仕様

容量 500GB
サイズ (外寸) 約W80×D80×H15mm (突起物を除く)
質量 約55g
対応OS Windows 10 / 8.1 / 7、macOS 10.11~10.15
インターフェイス USB 3.1 Gen 1 (USB 3.0) / USB 2.0 (MicroBコネクター) ×1
電源 USBバスパワー
フォーマット NTFS
付属品 USB 3.2 Gen 1 ケーブル (A-MicroB) ほか

※Windows 10 (Sモード) は添付アプリ非対応。
※「ファイナルファンタジーXIV」macOS版のプレイ用には非対応。

 

 

〈文〉柴田 誠