ニュース

第二世代に進化したフルサイズミラーレス「ニコン Z 6II」は静止画にも動画にも強いハイブリッドモデル

ニコンイメージングジャパンは、フルサイズミラーレスカメラ「ニコン Z 6II」を2020年11月6日に発売する。価格はオープンで、市場想定価格は約27万円 (税込)。

ニコン Z 6II
NIKKOR Z 24-70mm f/4 S 装着時

■動画性能

「Z 6II」は、「Z 6」(2018年11月発売) の高い描写力を継承した、静止画と動画撮影に強いハイブリッドのフルサイズミラーレスカメラ。有効2450万画素の裏面照射型ニコンFXフォーマットCMOSセンサーを搭載する。

ニコン Z 6II
▲「Z 6」と同じく常用ISO 100〜51200の高感度仕様
 

新たに画像処理エンジンを2つ搭載した「デュアル EXPEED 6」を採用し、4K UHDは最大30p、フルHDは最大120pに対応した。動画撮影時にも「瞳AF」「動物AF」が使用でき、高精度で人物や犬、猫の瞳にピントを合わせることができる。

ニコン Z 7II・Z 6II
 

また、HDMIケーブル経由で外部レコーダーに接続すれば、4K UHD / フルHDの12bit RAW動画出力が可能となっている。10bit「N-Log」や HLG (Hybrid Log-Gamma) 方式によるHDR動画の出力も可能で、さまざまな用途に対応できる。

ニコン Z 6II
▲ZHIYUN社製ジンバル「WEEBILL-S」装着例
 

さらに4K/60pへの対応や、Blackmagic Design社製の外部レコーダーへのRAW動画出力への対応も予定されている。なおRAW動画の設定は、ニコン修理センター、ニコンプラザ、サービスセンターでの有償対応となっている。

■静止画性能

「デュアル EXPEED 6」の採用により、AF/AE追従での連続撮影速度が約12コマ/秒から約14コマ/秒に、連続撮影可能コマ数が約35コマから約124コマと、「Z 6」の約3.5 倍に増加した。低輝度性能も−4.5EVに向上し、暗所でのAF撮影が可能となっている。「瞳AF」「動物AF」は、「ワイドエリア AF (L) モード」にも対応した。

■操作性

電源OFF時にピント位置を維持する機能や、ライブビュー撮影で画像モニターをチルトした時に意図しない電子ビューファインダー (EVF) への切り替えを防ぐ機能など、ユーザーの使い勝手を追求した機能を新たに搭載。USB充電に加えて、電源ON時の給電も可能になっており、インターバルタイマー撮影やタイムラプス動画撮影など、安心して長時間撮影ができるようになっている。

ニコン Z 6II
 

また、消費電力を抑えた「パワーセーブ」機能も搭載する。「パワーバッテリーパック MB-N11」(2020年11月6日発売予定 / 税別 44,500円) 装着時には、撮影可能コマ数、動画撮影可能時間を約1.9倍に拡張することができる。

ニコン Z 6II
▲MB-N11 装着時

■ダブルスロット搭載

同時発表の「Z 7II」と同じく、ユーザーの要望に応えてダブルスロットを搭載した。CFexpress (Type B) / XQD カードスロットに加えて、SDカード (UHS-II 対応) にも対応する。

ニコン Z 6II
 

「デュアル EXPEED 6」の採用により、ダブルスロットにおいても速度を落とすことなくメモリーカードへの書き込みが可能となっており、ワークフローの高速化と効率化を実現する。

 

 

Nikon Z 6 II 主な仕様

有効画素数 2450万画素
撮像素子 35.9×23.9mmサイズCMOSセンサー (ニコンFXフォーマット)
マウント ニコンZマウント
ISO感度 ISO 100~51200 (拡張 ISO 50相当〜204800相当)
シャッター速度 1/8000~30秒
ファインダー  0.5型 約369万ドット OLED電子ビューファインダー (倍率 約0.8倍)
画像モニター 3.2型 約210万ドット チルト式TFT液晶モニター (タッチパネル)
記録媒体 SD/SDHC/SDXCメモリーカード (UHS-II対応)、CFexpressカード (Type B)、XQDカード
サイズ (幅×高さ×奥行き)  約134×100.5×69.5mm
質量 約615g (本体のみ) / 約705g (バッテリー、メモリーカードを含む)
付属品 Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL15c (端子カバー付)、バッテリーチャージャー MH-25a (直付け型電源プラグ付)、USBケーブル UC-E24、ストラップ AN-DC19、ボディーキャップ BF-N1、接眼目当て DK-29、HDMI/USBケーブルクリップ、アクセサリーシューカバー BS-1

 

 

〈文〉柴田 誠