ニュース

ニコンZレンズ大三元が出揃う! 大口径広角ズーム「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」2020年内に発売

ニコンイメージングジャパンは、ニコンZマウントの大口径広角ズームレンズ「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」を2020年内に発売する予定であることを、7月21日に発表した。

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

 

「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」の登場により、大口径標準ズームレンズ「NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S」(2019年4月発売)、大口径望遠ズームレンズ「NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S」(2020年9月発売予定) とともに、F2.8通しのいわゆる大三元ズームレンズが出揃うことになる。

「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」は、高い光学性能を追求したS-Lineの大口径広角ズームレンズとして、ニコンZマウントシステムが発表された2018年8月23日時点のレンズロードマップにも登場している。つまり、システムの開発当初から予定されていたレンズだ。

ニコンイメージングジャパンは、 NIKKOR Zレンズのラインナップを順次拡充していくとしており、最新のレンズロードマップ (2020年7月21日現在) には、「50mm F1.2」をはじめ「Micro 50mm」「Micro 105mm」など5本の単焦点レンズと、4本のズームレンズが予定されている。

ニコンZマウントレンズロードマップ(2020年7月21日現在)

 

 

〈文〉柴田 誠