ニュース

フルサイズミラーレス「ライカSL2」で1億8700万画素のマルチショット撮影が可能に

ライカカメラが、「ライカ SL2」のファームウェアVer.2.0を2020年6月25日に公開した。1億8700万画素のマルチショット撮影機能など、機能の追加と改善が盛り込まれている。

ライカ SL2

 

変更内容は以下のとおり。

ライカ SL2 ファームウェア Version 2.0

  • 1億8700万画素のマルチショット撮影が可能になった。通常の4700万画素とマルチショット1億8700万画素の画像が同時に記録される。
  • ビデオモード時に、メニュー画面上部を白くしてビデオメニューであることを強調。
  • AFモードを「フレーム」に設定しているときに、液晶パネルの長押しでフレームサイズの変更が可能になった。
  • カードフォーマット後のSDカードのドライブ名を「LEICA SL2」に変更。
  • L用Mレンズアダプタを介して6bitコード付きMレンズを使用する際、常にレンズの種類が検出されるようになった。
  • ドライブモードを「コンティニュアス − 超高速」に設定したときに、DNG画像に生じる歪みを除去。
  • 上面ディスプレイに表示されるフィート距離が正しい数値で表示されるように修正。
  • アプリ「Leica FOTOS」「Image Shuttle」との接続を安定化し、画像転送を高速化。

■マルチショット撮影について

  • 35mmフルサイズレンズの使用時のみ対応。
  • 絞り値はF16までに制限される。
  • ISO感度は、ISO 50~3200に制限される。
  • フラッシュ撮影はできない。
  • 常に電子シャッターで撮影される。
  • 手ブレ補正はオフになる。
  • シャッター速度は、1秒~1/40,000秒に制限される。

 

ファームウェアのダウンロードはこちらから。
https://jp.leica-camera.com/フォトグラフィー/ライカSL/ライカSL2/ファームウェア