ニュース

キヤノン「EOS R5」新情報! 5軸手ブレ補正、CFexpressとSD UHS-II対応などが判明

キヤノンは、2020年2月13日に開発発表したフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」の仕様の一部を2020年4月21日に追加公開した。

EOS R5
RF24-105mm F4 L IS USM 装着時

 

「EOS R5」は、EOS Rシステムの特長を生かして、さらなる高速連写や8K動画撮影を実現する次世代フルサイズミラーレスカメラで、3月13日に仕様の一部を公開。8K動画撮影の全モードでデュアルピクセルCMOS AFに対応することや、犬・猫・鳥の全身・顔・瞳を検出可能なAF機能を搭載することが明らかになっている。今回はこれに続く2度目の情報公開となる。

新たに公開された「EOS R5」の情報は、動画撮影の仕様と手ブレ補正の性能、そしてCFexpressとSD UHS-II対応のデュアルスロットであることなどだ。4月21日の情報公開に合わせて「EOS R5」のスペシャルサイトも更新されているので、こちらも要チェックだ。

今後も新たな情報が公開されるのか、実機に対面できるのはどのタイミングなのか、そして注目の発売日はいつになるのか。「EOS R5」から目を離せない状況がしばらく続きそうだ。

■8K RAW動画撮影が可能

動画撮影機能では、4:2:2 10bitのCanon Log (H.265) とHDR PQ (H.265) に対応する。8K動画ではRAW動画撮影が可能となっており、4K動画ではフレームレート119.88fpsを実現し、4K 59.94fpsの外部出力が可能となる。

■ボディ内手ブレ補正は5軸

キヤノン初となるボディ内手ブレ補正は5軸補正となる。ボディ内手ブレ補正とレンズによる光学手ブレ補正 (IS) とをあわせた協調制御を実現する。

■デュアルスロットはCFexpress+SD UHS-II

CFexpressとSD UHS-IIに対応するデュアルスロットを搭載する。

 

EOS R5

 

▼開発発表時に公開された仕様はこちら
https://capa.getnavi.jp/news/327726/

 

▼3月13日に追加公開された仕様はこちら
https://capa.getnavi.jp/news/330434/

 

▼外観プロトタイプ機からの考察はこちら
https://capa.getnavi.jp/report/330934/

 

 

〈文〉柴田 誠