ニュース

大きなボケが楽しめるフルサイズ対応のコンパクトな大口径レンズ3本「NOKTON 35mm / 40mm / 50mm F1.2」

コシナは、ソニーEマウントの「フォクトレンダー NOKTON (ノクトン) 35mm F1.2 Aspherical (アスフェリカル) SE E-mount」を2020年5月に「NOKTON 40mm F1.2 Aspherical SE E-mount」を2020年6月に、「NOKTON 50mm F1.2 Aspherical SE E-mount」を2020年7月にそれぞれ発売する。希望小売価格は、35mmと50mmが各115,000円、40mmが100,000円 (いずれも税別) 。各レンズには専用フードが付属する。

<2020.5.20> 35mmの発売日が2020年5月27日に決定。
<2020.5.30> 40mmの発売日が2020年6月24日に決定。

NOKTON 35mm/40mm/50mm F1.2 Aspherical SE E-mount
▲左から35mm、40mm、50mm。「SE」はスチルエディションの略だ。

■スチル撮影に特化したコンパクトな大口径MFレンズ

3本のレンズは、ソニー製ミラーレスカメラのフルサイズイメージセンサーに最適化された大口径レンズ。マニュアルフォーカスでスチル撮影に特化したモデルとなっており、大口径・フルサイズのレンズならではの大きなボケを実感しながら、マニュアルフォーカスで撮影する醍醐味を味わうことができる。

部品の共通化などで低価格を実現。絞りリングは1/3ストップのクリック付きとなっており、動画撮影に有効なクリック切り替え機構をあえて搭載せずに、大口径ながらコンパクトなレンズ設計を実現した。フィルターサイズはいずれもφ58mmとなっている。

■電子接点を搭載

マニュアルフォーカス・マニュアル絞り専用設計のレンズながら、電子接点を搭載しており、レンズの使用状況がExif情報に反映され、フォーカスリングの操作によるファインダーの拡大表示なども可能となっている。また5軸のボディ内手ブレ補正機能を搭載した機種にも対応している。距離エンコーダーの搭載により、シフトブレ補正時に被写体までの距離情報が活用されるためだ。

■操作性に優れた金属鏡筒

レンズ鏡筒はモダンなデザインを採用した総金属製で、高い剛性感と耐久性を実現する。ヘリコイドリング外周には、シンプルで精密感のある平行ローレット加工を採用し、優れた操作性を確保。また鏡筒には、レンズ交換時に区別しやすいように、焦点距離表示が入れられている。

フォクトレンダー NOKTON 35mm F1.2 Aspherical SE E-mount

NOKTON 35mm F1.2 Aspherical SE E-mount
[マウント] ソニーEマウント [焦点距離] 35mm [レンズ構成] 7群9枚 [画角] 61.9° [絞り羽根枚数] 12枚 [開放絞り] F1.2 [最小絞り] F22 [最短撮影距離] 0.3m [最大撮影倍率] 1:5.8 [フィルター径] φ58mm [サイズ (最大径×全長) ] φ66.5×59.9mm [重量] 387g [付属品] レンズフード

フォクトレンダー NOKTON 40mm F1.2 Aspherical SE E-mount

NOKTON 40mm F1.2 Aspherical SE E-mount
[マウント] ソニーEマウント [焦点距離] 40mm [レンズ構成] 6群8枚 [画角] 55° [絞り羽根枚数] 10枚 [開放絞り] F1.2 [最小絞り] F22 [最短撮影距離] 0.35m [最大撮影倍率] 1:6.2 [フィルター径] φ58mm [サイズ (最大径×全長) ] φ66.5×51.9mm [重量] 340g [付属品] レンズフード

フォクトレンダー NOKTON 50mm F1.2 Aspherical SE E-mount

NOKTON 50mm F1.2 Aspherical SE E-mount
[マウント] ソニーEマウント [焦点距離] 50mm [レンズ構成] 6群8枚 [画角] 47.5° [絞り羽根枚数] 12枚 [開放絞り] F1.2 [最小絞り] F22 [最短撮影距離] 0.45m [最大撮影倍率] 1:7.0 [フィルター径] φ58mm [サイズ (最大径×全長) ] φ66.5×58.5mm [重量] 480g [付属品] レンズフード

 

 

〈文〉柴田 誠