ニュース

カメラまかせでキレイに撮れる“チェキ”「instax mini 11」の発売が5月に延期

富士フイルムが、インスタントカメラ “チェキ” 「instax mini 11」の発売日を発表した。当初は2020年4月上旬の発売を予定していたが、生産に遅延が発生しているため、十分な供給量が確保できる2020年5月15日に発売を延期するとのこと。

instax mini 11

「instax mini 11」は、人気の高いエントリーモデル「instax mini 8+」のデザインを刷新し、薄型・軽量化。エントリーモデルとして初めてオート露光機能を搭載しており、撮影シーンに合わせた最適なシャッタースピードやフラッシュ光量で撮影できる。自撮りや接写ができるセルフィーモードも搭載している。価格はオープンで、フジフイルムモール直販価格は8,580円 (税込)。

製品の詳細はこちら。
https://capa.getnavi.jp/news/328821/

 

同時に発表されたチェキ用フィルム「BLUE MARBLE (ブルーマーブル)」とチェキスクエア用フィルム「WHITE MARBLE (ホワイトマーブル)」は、2020年4月17日発売となる。こちらも価格はオープンで、フジフイルムモール直販価格はブルーマーブルが869円、ホワイトマーブルが1,375円 (いずれも税込)。

チェキ用フィルム

FUJIFILM instax mini 11 主な仕様

カラー ブラッシュピンク、スカイブルー、チャコールグレー、アイスホワイト、ライラックパープル
使用フィルム 富士フイルム インスタントフィルム instax mini (別売)
画面サイズ 62×46mm
レンズ 沈胴式フジノンレンズ 2群2枚 f=60.00mm 1:12.7
ファインダー 実像式ファインダー 0.37倍 ターゲットマーク付き
撮影距離 [電動2点切り替え式] 0.3~0.5m / 0.5m~∞ [セルフィーモード] 0.3~0.5m [標準モード] 0.5m~∞
シャッター プログラム式電子シャッター 1/2秒~1/250秒
露光調整 自動調節 連動範囲LV5.0~14.5 (ISO 800)
フィルム送り出し 電動式
フィルム現像時間 約90秒 (時間は気温によって変動)
フラッシュ 常時発光フラッシュ (自動調光) 充電時間6.5秒以下 (新品電池使用時) フラッシュ撮影距離0.3~2.7m
電源 単3形アルカリ乾電池 (LR6) 2本 (撮影可能パック数 約10パック)
サイズ 107.6×121.2×67.3mm
質量 293g (電池、ストラップ、フィルムを除く)
その他 フィルムカウンター、フィルムパック確認窓つき
付属品 単3形アルカリ乾電池 (LR6) 2本、ハンドストラップ、ボタンアクセサリー2個